Skip to content

閉じる

初のオートマティック

1931年

初のオートマティック

ムーブメントのデザインの影響を次世代に残すために、オメガは2つの重りを使った初の自動巻きムーブメントのプロトタイプを作りました。この新しい設計は、2つの方向でのムーブメントの巻上げを可能とし、これにより巻上げの効率が著しく向上しました。

かつてのプロトタイプがその後の時計産業の基準となるまでに進化し、それは今日でもさまざまな機械式時計に動力となっています。

続きを読む表示件数を減らす
2つの重りを用いた初の自動巻きムーブメント

Languages