Skip to content

閉じる

水中でも精度を発揮

1932年

水中でも精度を発揮

商業化された世界初のダイバーズウォッチは、1932年オメガによって市場にもたらされました。“マリーン”と称されたそのウォッチは、巧みな設計で特許を取得したダブルケースをコルクで密封する構造を持ち、時計の中心部に水やその他のものの侵入を防ぎました。オメガはさらに革新を求め、調整可能なクラスプを導入し、ダイバーの手首に腕時計をしっくりとフィットさせることを可能としました。

瞬く間に大人気を博したオメガのマリーンは、ダイバーという職種の危険度を大幅に軽減しました。マリーンは、ダイビングの世界のパイオニアが選ぶ腕時計でした。かつてのどんなダイビングウォッチよりも優れた機能を持ったこのモデルは、オメガの本社からそう遠くないレマン湖でテストを行い、深さ73mの潜水を見事に成功させました。その後5年にわたり、研究所によるより厳格なテストが行われ、このモデルの135mの防水性が証明されたのです。

続きを読む表示件数を減らす
1932年 マリーン
特許を取得したコルクで密封する構造のダブルケース
ダイバーズウォッチ“マリーン”の広告

Languages