Skip to content

閉じる

Languages

アウトサイダーがチャンピオンに

1936年

8月1日-16日

アウトサイダーがチャンピオンに

才能が偏見に勝った1936年のベルリンでのオリンピック。とりわけ一人の有名なアメリカ人が4つの金メダルを獲得し、この大会で最も大きな栄光を手にしたアスリートとなりました。ドイツの国家指導者は彼の偉業に好意を示しませんでしたが、ベルリンの人々はこの若いスターを大いに歓迎しました。走者はレースの前に、小さなシャベルを使ってスタートラインに穴を掘り、自分のためのスターティングブロックを作る必要がありました。最も注目を浴びる短距離走でさえ、当時のスタートゾーンは粗末なものでしたが、レースはオメガの185のクロノグラフにより、完璧な精度で計測されました。

続きを読む表示件数を減らす
1936年のオリンピックのポスター
1936年ベルリンオリンピックのスタジアム