Skip to content

閉じる

新しい類のトゥールビヨン

1947年

新しい類のトゥールビヨン

1947年、オメガは世界初の腕時計用トゥールビヨンムーブメントのひとつを発表します。時計界における最も複雑なメカニズムが見事に小型化されたムーブメントでした。トゥールビヨンムーブメントは、時間計測における重力の作用を相殺するという点でいつの時代にも珍重されていましたが、技術的な制限によりその使用は主に懐中時計に限られていました。

初期のオメガの腕時計バージョンは、その精度により有名な賞をいくつも獲得し、トゥールビヨンのウォッチムーブメントには期待できる未来があることを証明しました。今日、オメガは依然として時計界のパイオニアの道を突き進み、世界で唯一の自動巻きセンタートゥールビヨンウォッチを提案するメゾンとして高い誇りを持っています。

続きを読む表示件数を減らす
世界初の腕時計用トゥールビヨンムーブメント
1946年のオメガ トゥールビヨンのプロトタイプ

Languages