Skip to content

閉じる

ラッキー 13

1970年

4月17日、着陸

ラッキー 13

4月11日、ヒューストン時間13時13分、アポロ13号が月に向けて発射されました。しかしその後、酸素タンクの爆発が起こり、乗組員たちは深刻な電力不足の状態で、宇宙に取り残されることになります。幸いにも彼らにはオメガ スピードマスターがありました。

宇宙飛行士たちは数々の問題に直面しました。中でも困難を極めたのが、手動操作でエンジンを作動させ、破損した機体の軌道修正を行うというものでした。飛行士たちは身に着けていたスピードマスターを使い、逆噴射に必要な“14秒”を正確に計測しました。そして打ち上げから142時間54分後の4月17日に無事に地球へと帰還したのです。

続きを読む表示件数を減らす
「ヒューストン、トラブルが発生した」実際、アポロ13号にはいくつもの問題があり、そのすべてが深刻なものでした。<BR><BR>
  飛行士たちは、破損した司令船から小さな月着陸船に避難し、電力消費を極力抑え、間に合わせのフィルターを作って有害なレベルの二酸化炭素を吸収させることにも成功しました。
宇宙服を着たアポロ13号の宇宙飛行士たち
アポロ13号のカプセルの着陸

Languages