Skip to content

閉じる

Languages

時計産業の救世主

1983年

時計産業の救世主

1983年、ニコラス・G・ハイエックは、不振に喘ぐスイスの時計産業に新たな活気を与えるという挑戦に立ち向かいました。ASUAGとSSIHを合併させた後、彼はCEOとなり、スイス時計産業の長い伝統を維持するために、数々の方策を実行する任務を引き受けることになります。

5年以内にハイエックは、この会社(当初SMH、のちにスウォッチグループと改名)の行先の定まらない未来を、世界で最も価値のあるものへと変えていくのです。今日、スイスの時計産業は彼の先見の明と献身により、輝かしい発展を続けています。

続きを読む表示件数を減らす
ニコラス・G・ハイエックがスウォッチグループのCEOに就任