Skip to content

閉じる

4つの金メダルと究極の目標

1984年

7月28日-8月12日

4つの金メダルと究極の目標

1984年のロサンゼルスでのオリンピックで、オメガは水泳や陸上競技で使われるフライング検知システムを含む、新しい計時テクノロジーの数々を導入しました。一人の傑出したアメリカ人アスリートが100m走、200m走、走幅跳び、4×100mリレーの4種目で優勝して自国に金メダルをもたらし、論議を巻き起こした1936年のベルリンオリンピックが生んだヒーローと同じ数のメダルを獲得するという偉業を達成しました。

続きを読む表示件数を減らす
1984年ロサンゼルスオリンピックのスタジアムの観衆
1984年ロサンゼルスでのオリンピックのポスター

Languages