Skip to content

閉じる

Languages

コンピューター化された初のオリンピック

1988年

9月17日-10月2日

コンピューター化された初のオリンピック

14 x 9m、オメガのカラービデオ マトリックスボードの存在は、計時の世界に新しい時代が訪れたことの明確な兆しでした。完全にコンピューター化されたソウルオリンピックでしたが、人間による数々のドラマも生まれました。女子背泳ぎの予選では、イタリアとオーストラリアの2人の選手が同タイムでゴールし、その後のスイムオフでも同じ結果となりました。結局勝負がついたのは、3度目のレース。0.13秒差でイタリアの選手が勝利しました。

続きを読む表示件数を減らす
1988年ソウルでのオリンピックのポスター
ソウルでの計時ボード