Skip to content

閉じる

Languages

オービスを称える新しいパートナーシップ

2011年

オービスを称える新しいパートナーシップ

ダニエル・クレイグとオメガは2011年に、世界の発展途上国において失明の防止を目的とする団体、オービス・インターナショナルを支援するためにパートナーシップを結びました。クレイグとオメガは、オービスの“空飛ぶ眼科病院”に乗ってモンゴルを訪れ、オービスの実際の活動を生で伝えました。

世界で最も弱い立場にいる人々の視力を回復させるというオービスの活動に関心を集め、その支援を称えるために、オメガはデ・ヴィルのスペシャルエディションとして“アワービジョン ブルー”を発表しました。

続きを読む表示件数を減らす
オメガのテディベアを抱える幼い患者
オービスの“空飛ぶ眼科病院”
オービスの“空飛ぶ眼科病院”の横に座るマスコットのテディベア