童話『エンドウ豆の上に寝たお姫さま』の物語は、こうして始まります。しかし、終わり方は全く異なります。

王国にたどり着いた少女は、 自分はプリンセスだと名乗り出ました。本当であるか確認するために、特別なテストが行なわれます。

誰もが知っているように、本物のプリンセスは最高級のラグジュアリーな世界で暮らしています。そんな彼女なら気が付くだろうと、何枚も積み重ねられたマットレスの一番下に一粒のエンドウ豆がこっそりと置かれました。このことに彼女は気付くでしょうか?

もちろん彼女は気が付きました!彼女はテストに合格し、多くのおとぎ話同様、王子様と結婚していつまでも幸せに暮らしました。

しかし、そんなに小さなものが本当に影響を与えるのでしょうか?

「オメガ デ・ヴィル デュードロップ」を身に着ければ、誰でもすぐに、小さなものの影響力に気付くはずです。ブレスレットに施された小さなゴールドの雫のデザインが、見る人を魅了することでしょう。寝心地が悪くて眠れなかったプリンセスと違って、心地よく手首にフィットするウォッチに、本物を見出せることでしょう。

夢のウォッチ?

そうかもしれません。