more//

ニュース詳細

2017年 4月 26日

オメガがスピードマスター誕⽣60 周年を祝福、ゲストはジョージ・クルーニー、バズ・オルドリン

戻る

オメガはロンドンのテート・モダンで、ゲストにジョージ・クルーニーとバズ・オルドリンを迎え、スピードマスター誕生60 周年を祝福しました。宇宙探査の歴史における、スピードマスターの唯⼀無⼆の貢献に敬意を表し、この夕べは“ロスト・イン・スペース”と名付けられました。

 

日本からは俳優の三浦翔平さんがスピードマスター グレーサイド オブ ザ ムーン “メテオライト” を着⽤してイベントに出席し、世界のVIPと共にレッドカーペットを華やかに彩りました。

 

スイス・オメガ社 社長 兼 CEO のレイナルド・アッシェリマンは、オメガの時計コレクションの中でもっとも有名なクロノグラフについて述べ、ゲストに挨拶をしました。「スピードマスターはオメガだけでなく、これまでこの時計をつけ、信頼を寄せてきた数多くの男性、女性にとっても深い意味のある時計です。誕生から60 年経った今でも、スピードマスターが持つパワーとカリスマ性は衰えることを知りません。今回このような盛大なイベントを開催でき、そしてスピードマスターの大ファンである皆さんと時間を共にできることをとても誇りに思います。」

スピードマスターは、長く様々な歴史を歩んできました。これまで、宇宙飛行士、空軍パイロット、探検家、アスリート、俳優などに愛用されており、また世界中のスピードマスターファン コミュニティはどんどん大きくなっています。⼀番有名なエピソードは、1969 年アポロ11 号計画の人類初の月面着陸です。ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に着陸したその瞬間、スピードマスターは月面でつけられた世界初の時計となったのです。

月面着陸から48 年後、バズはイベントに宇宙服姿で颯爽と登場しました。鳴り止まない拍手の中、宇宙での体験について語ってくれました。「恐怖心はありませんでした。それよりも人類の代表として、必要とされる技術と知識を身に付け、非常に意義深い任務に望めることを誇りに思っていました。自分の為だけの仕事ではないと感じていました。」

俳優のジョージ・クルーニーはスピードマスターの熱心なファンであり、子どもの頃から宇宙飛行士のファンでもあります。歴代のアポロ計画は彼にとって今でも大切な思い出です。「スピードマスターの思い出は沢山あります。月面着陸に携行された時計ということで、叔父、そして父親、皆スピードマスターを所有していました。人類初の月面着陸は誰にとっても忘れられない出来事でした。私は卒業祝いとして父からスピードマスターをもらいました。スピードマスターの魅力は数えればきりがありませんが、私はやっぱりこの時計の歴史に惹かれます。」

「我々全員にとってとても重要な出来事でした。あなたが成し遂げた事は我々全員にとって意味のある事です。あなたの勇気、リーダーシップ、そして全ての行動に対して、感謝してもしきれません」とジョージは、バズへ特別な賛辞を述べました。

 

スピードマスターが、宇宙飛行士が頼るべき宇宙での欠かせないツールとなって、すでに50 年以上になります。1965 年にはNASAのテストを経て、全ての有人宇宙計画における公式時計となりました。この⼀連の流れを指揮していたのが、NASA の元エンジニアであるジェームズ・ラガンです。彼はNASA におけるスピードマスターの評判について語りました。「1965 年に我々がテストした全ての時計の中で、その他の時計は第1テストで既に落第になった中、唯⼀スピードマスターだけが全てのテストに合格しました。このため、スピードマスターに対するNASA 内での評判は⾼かったのです。今でも宇宙で使われているという事実がスピードマスターの実⼒を何より示していると思います。」このイベントを記念して10 ⼈の宇宙飛行士がロンドン市内に放たれ、セント・ポール⼤聖堂などロンドンの象徴的な場所で撮影を⾏うインスタレーションも実施されました。

 

Loading
/ja/news/news-detail/menu.html/
閉じる

コレクション

もっと見る

アクア スウィング

すべて見る

WeChat QRコード
QRコードをスキャンすると、オメガの公式WeChatにアクセスいただけます

LINE QRコード
QRコードをスキャンして、オメガ公式LINE アカウントへ

/ja/footer2.html/