more//

ニュース詳細

2017年 10月 12日

オリンピック オフィシャルタイムキーパーのオメガ 日本人初の9秒台をマークした桐生祥秀選手を祝福

戻る

オリンピックのオフィシャルタイムキーパーをつとめるオメガは、9月9日に陸上・男子100mで日本人初の9秒台となる9秒98を記録した桐生祥秀選手を銀座本店に迎え、この歴史に残る記録の達成を祝福するとともに、記念の時計を贈呈しました。

オメガ事業本部長の沖 早織はこの偉業に対し、「あの記録が出たときには、ついに日本人も9秒台の時代に突入したと本当に興奮しました。東京オリンピックに向けて周りの期待もさらに高まるでしょうが、いつもレースを楽しんでいる桐生選手ならきっとそれにも応えてくれるはず。その瞬間はオメガがしっかりと記録します。」と述べました。

この日、桐生選手に贈られた時計は“シーマスター プラネット オーシャン クロノグラフ”です。エネルギッシュなオレンジ色が鮮やかなスポーティなモデルで、タイムや速度を計れるストップウォッチ機能等がついています。この時計を着けた桐生選手は、「走るときも着けているほど時計が好きで、そしてオレンジも大好きな色。皆さんに祝福していただいた喜びをこの時計を見るたびに思い出し、新たな記録に挑みます。」と語りました。

オメガは、単一ブランドとしてオリンピックの全競技の計時を初めて担当した1932年のロサンゼルス大会にから今まで、27回もの大会でオフィシャルタイムキーパーを務めてきました。来年の平昌大会、そして2020年の東京大会でも公式計時をつとめ、さらに今年、国際オリンピック委員会(IOC)とのパートナーシップを2032年まで延長することを発表。2032年の第35回オリンピック大会で、オメガとオリンピックとのパートナーシップは100年を迎えることになります。その間に、スターティングピストルや競泳用タッチパッド、1秒間に10,000フレームのデジタル画像を撮影できる写真判定カメラ「スキャン O ビジョン ミリア」など、世界最先端の計時装置を開発、導入しています。

Loading
//www.omegawatches.jp/ja/menu.html
//www.omegawatches.jp/ja/footer2.html/