オーシャン - バックグラウンド

海の呼び声

海岸線から何マイルも離れた内陸の国、スイス。その国を誕生の地とするオメガは、海に対して果てしない憧れと情熱をもっています。オメガと海との関係はわたし達を未知の世界へと導いてくれました。その興味深いストーリーを、皆さまにシェアしたいと思います。

オメガと海の歴史

宇宙への冒険に駆られる数十年前から、オメガは海洋探検を始めていました。当時からオメガは海洋探検において重要な役割を担っていましたが、今後も変わらず貢献を続けていくことでしょう。なぜなら、地球の3分の2を占める広大な海は未だ、地球上で最大の謎であり続けているからです。

「オメガ マリーンを身に付けて太平洋に潜り、通常の2倍程度にもなる深さ14mにまで到達した。そこで見られたこの時計の優れた耐水性、防塵性、腐食耐性は、時計製造の科学における偉大な進歩だ。」

1934年、チャールズ・ウィリアム・ビーブ

水中のための時計

オメガの時計のデザインは、熟慮の末に生み出されます。オメガを技術革新へと駆り立てるもの、それはプロダイバーたちの要望です。専門家のニーズを把握し、それを実現する機能の開発に取り組んでいます。

シ⁠ー⁠ホ⁠ース

ヴェネチアのゴンドラの伝統的な装飾から着想を得たシーホーは、1958年にシーマスターのシンボルとなり、現在でもいくつかのシーマスター モデルに見ることができます。

オメガ・ウォッチ: オーシャン バックグラウンドモデル 1 - 10427
オメガ・ウォッチ: オーシャン モデル 1 - 10427

海洋保護への取り組み

海との関わりを深めるにつれ、オメガは、海という生態系がとても儚く不安定であるという事実を目の当たりにしました。オメガとグッドプラネット財団は、海洋保護を訴えるドキュメンタリー『プネッオーシャン/海の惑星』や、海洋保護プロジェト「Time for the Planet」などを通じて、大切な地球を保護するために何ができるのかを提示しています。