ボブスレ⁠ー&モノボブ⁠: 猛スピ⁠ードで滑走する スリル抜群のウ⁠ィンタ⁠ースポ⁠ーツ

1930年代からオリンピックのボブスレー競技で計時を担当しているオメガは、2002年に国際ボブスレートボガニング連盟(FIBT)パーナーシップを提携しました。近年は、激的な新しいスポーツ、モノボブの立ち上げにも積極的に関わっています。

ボブスレ⁠ー⁠:スイスが世界に誇るスポ⁠ーツ

スペクタクルなウィターポーツの中でも、特にアドレナリンを放出するレースを繰り広げ、熱いチームスピリットを見せるボブスレー。ボブスレーの発祥地はオメガのゆかりの地でもあります。オメガがオリンピック、そして国際ボブスレートボガニング連盟(FIBT)主催の全大会におけるボブスレー競技の公式計時を担当するようになったのも自然なことでした。

ボブスレ⁠ーの計時⁠:1000分の1秒という精度

ボブスレーレースでは、タートからゴールまで、ピードが何よりも重要です。タート時の10分の1秒の差は、ゴールラインで10分の3秒までひらくと言われています。オメガは、勝敗を分かつ一瞬の差を正確に計測します。

オメガ測定装置

3つのセンサーを持つオメガ測定装置は、度、力、角速度など滑走中の重要なデータを記録し、競技者やチーム、そしてテレビの前で観戦する世界中の人々にリアルタイムでその情報を届けます。

オメガの赤外線光電管

ボブスレー滑走では、オメガの計時チームが滑走路に沿って両側1組の赤外線光電管(光池)を複数設置します。これにより、タート、中間地点、ゴールのそれぞれのタイム、および競技者がゴールラインに向かって加速する時に達成される最高速度が計測されます。

モノボブ⁠:ダイナミ⁠ックな新しいウ⁠ィンタ⁠ースポ⁠ーツ

2011年、オメガはウィターポーツのダイナミックさを追求した新しい競技、モノボブの立ち上げに積極的に関わることを発表しました。オメガは、スイス スライディング (Swiss Sliding) と共同でこの新しいプロジェクトを牽引しており、オメガ モノボブ シリーズのタイトル スポンサーも務めています。

“モノボブは、多くの新生アスリートを新たにスポーツの世界に送り出すことでしょう。これからは、最先端技術の開発に加えて、この競技自体に面白みが出てくるはずです。

ニコラス・G・ハイエック