デ⁠ッキの上のオメガ

ルーキーからレースに慣れ親しんだベテランまで、あらゆるレベルのセーリング選手たちはオメガのサポートの下、水上へと繰り出しました。オメガは、エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)やアリンギなどのクルー全員を誇りとともに支援し、アメリカズカップを始めとする歴史的なイベントの開催や、さらにピーター・バーリングやブレア・トゥークなどのオリンピックチャンピオンの取り組みもサポートしています。

アメリカズカップ オフィシャルタイムキーパー

第36回「オールド・マグ」において、オメガは3回目となるオフィシャルタイムキーパーの役割を担います。過去には2000年と2003年にアメリカズカップの計時を担当しており、2021年に再びその役を担うこととなりました。オークランドのワイテマタ湾の水上で世界最高のセーリング選手たちに貢献し、波立つ海でも一秒未満の精度を提供することを誇りに思います。

セーリング選手たちへの敬意

Seamaster Planet Ocean 600M アメリカズカップ - 最小管理単位 215.32.43.21.04.001 Watch presentation

シーマスター プラネットオーシャン アメリカズカップ エディション

オメガが第36回アメリカズカップ(プラダ提供)に特別なトリビュートを捧げる「シーマスター プラネットオーシャン アメリカズカップ エディション」をご覧ください。レース仕様のテクノロジーを搭載し、大会ロゴの大胆なカラーを採用したタイムレスなスタイルを持つ、マスター クロノメーター認証を得たタイムピースです。
ウォッチを見る

アリンギと「同船」

オメガはこの度、2003年と2007年のアメリカスカップを始めとする数多くの大会において勝利を収めてきたセーリングチームで知られるアリンギと、新しくセーリングパートナーシップを締結。スイスの強力なブランド2社が関係を深めました。現在、アリンギはGC32レーシングツアーと、新しいデザインのTF35フォイリングカタマランの開発に協賛しています。

エミレ⁠ーツ⁠・チ⁠ーム⁠・ニ⁠ュ⁠ージ⁠ーランド(⁠ETNZ⁠)

アメリカズカップの伝説、故ピーター・ブレイク卿とオメガがパートナーシップを結んだ1995年以来、オメガは誇り高きエミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)のサポーター、スポンサー、オフィシャルタイムキーパーを務め続けています。このパートナーシップは現在も継続しており、アメリカズカップの歴史において最も記憶に残る数々の勝利を記録しています。

… “正確さ、精度、パイオニア精神は、このスポーツの根源。オメガは20年以上に渡って我々に寄り添っています。”…

グラント・ダルトン、エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)CEO

ETNZ “⁠デ⁠ィ⁠ープブラ⁠ッ⁠ク⁠”

プラネットオーシャン ETNZ “ディープブラック”には、ニュージーランドの国旗のブルーとレッドがデザインされています。ブラックセラミック製ケースに収められたこのモデルには、オメガ リキッドメタル™を使用し、0~10分にブルーとレッドのラバーを採用したダイビングスケール付きセラミック製ベゼルを備えました。

重要なセ⁠⁠ーリングテクニ⁠ック

「海上で起きるすべての挑戦に立ち向かう“ディープブラック”。」

ヨッレースのスタートまでわずか5分。レッシャーの瞬間です。

ETNZ着用アイテム⁠:スピ⁠ードマスタ⁠ー X-33

2017年にバミューダ諸島で開催された第35回アメリカズカップ。レースに挑むニュージーランドのクルーたちの腕には、オメガの新作タイムピースが付けられていました。アナログとデジタル機能を融合し、レースがスタートするまでの重要な5分間の経過を追うことができる精巧なレガッタ機能が備わったX-33モデルです。

荒⁠々しい海上での衝撃にも耐える

“オメガのデザインチームとの仕事は素晴らしい体験でした。私のアイデアを尊重し、ヨッレースにふさわしい最高レベルのタイムピースの制作に100%の力を尽くしてくれました。

グレン・アシュビー、エミレーツ・チーム・ニュージーランド(ETNZ)のスキッパー

セーリング チャンピオン

ピーター・バーリングとブレア・トゥークは、オリンピックおよびアメリカズカップの覇者です。2人の若きニュージーランド人は世界屈指のセーラーとしての地位を確立するため、海を横断し、ゴールラインを切ってきました。水上での無敵のパートナーシップを築いた現在、間違いなく、今後も数多くの勝利を重ねていくことでしょう。

“ピーター・ブレイク卿は、自身の伝説的なセーリング技術と海洋環境の保護に対する情熱によってオメガにインスピレーションを与えました。”