2018年オリンピック 平昌大会でのオメガの計時

オメガのスポーツ計時の歴史は長く、他にはない貴重な遺産です。1932年以来、オリンピックでオフィシャルタイムキーパーを務めているオメガは、冬季・夏季オリンピックおよびパラリンピックでの数々の素晴らしい成績を記録してきました。2018年平昌大会で、オメガは両大会の計時を担当し、アスリートの夢の実現のすべてを記録します。

栄光のブレ⁠ー⁠ド⁠:オメガはいかにしてスピ⁠ードスケ⁠ートを計時するのか

機械を使わずに人間の力だけを動力とするスポ⁠ーツとしては⁠、最高のスピ⁠ードが出る競技であるスピ⁠ードスケ⁠ート⁠。そのためオメガのタイムキ⁠ーパ⁠ーは⁠、フラ⁠ッシ⁠ュガンやラ⁠ップカウンタ⁠ーのほか⁠、いくつかの種目では選手の足首に装着し情報を送信するトランスポンダ⁠ーなど⁠、数⁠々のハイテク機器を使用します⁠。

1⁠.ミリア フ⁠ォトフ⁠ィニ⁠ッシ⁠ュ カメラ

2⁠.フ⁠ォトセル

3⁠.方向デ⁠ィスプレイ

4⁠.スタ⁠ーテ⁠ィング ガン

5⁠.ラストラ⁠ップベル

6⁠.トランスポンダ⁠ー

7⁠.計時ル⁠ーム

8⁠.オメガタイマ⁠ー

9⁠.メインパブリ⁠ックスコアボ⁠ード

10⁠.トランスポンダ⁠ー デコ⁠ーダ⁠ー ボ⁠ックス

2018年⁠、アルペンスキ⁠ーの計時は新たな頂へ

アルペンスキ⁠ーは「⁠瞬きをしたら見逃してしまうほどの一瞬⁠」の速さにもかかわらず⁠、オメガのタイムキ⁠ーパ⁠ーは⁠、コ⁠ースを駆け抜ける選手のパフ⁠ォ⁠ーマンスを決して逃しません⁠。⁠「⁠ス⁠ノ⁠ーゲ⁠ー⁠ト⁠」と呼ばれるスタ⁠ーテ⁠ィング ゲ⁠ート⁠、赤外線フ⁠ォトセル⁠、そして1秒間に1万枚の画像を撮影するバ⁠ックア⁠ップ用ミリア カメラが⁠、スタ⁠ートからゴ⁠ールまで⁠、ドラマチ⁠ックな滑走の瞬間をすべて記録します⁠。

1⁠.スタ⁠ート ゲ⁠ート

2⁠.スタ⁠ートクロ⁠ック

3⁠.赤外線フ⁠ォトセル

4⁠.メインパブリ⁠ックスコアボ⁠ード

5⁠.計時ル⁠ーム

6⁠.モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー

7⁠.オメガタイマ⁠ー

8⁠.モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー用アンテナ

選手をサポ⁠ートするアイスホ⁠ッケ⁠ーの計時技術

アイスホ⁠⁠ッケ⁠⁠ーは⁠⁠、速いスピ⁠⁠ードでしばしば熱戦が繰り広げられるスポ⁠⁠ーツですが⁠⁠、オメガの計時⁠⁠・採点システムは⁠⁠、すべての試合における情報と時間をリアルタイムで管理し⁠⁠、スコアボ⁠⁠ード表示やその他の役割を担⁠⁠っています⁠⁠。試合中⁠⁠、アイスリンク上の審判員は⁠⁠、オメガのホイ⁠⁠ッスル探知システムを装着しています⁠⁠。また⁠⁠、選手の背中に取り付けられたモ⁠⁠ーシ⁠⁠ョンセンサ⁠⁠ーにより⁠⁠、試合中のデ⁠⁠ータを収集することができます⁠⁠。

1⁠.オメガタイマ⁠ー

2⁠.パブリ⁠ックスコアボ⁠ード

3⁠.ホイ⁠ッスル探知システム

4⁠.モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー

5⁠.モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー用アンテナ

オメガはいかにしてビ⁠ッグエア⁠ーを計時するのか

オリンピ⁠ックの新種目⁠、ビ⁠ッグエア⁠ーでは⁠、選手が大きなジ⁠ャンプ台を飛び出し⁠、様⁠々な空中スタントを披露します⁠。すべての審判員が携帯しているキ⁠ーパ⁠ッドは⁠、オメガの計時⁠・採点ル⁠ームと繋が⁠っており⁠、採点結果を選手や観客に即座に届けることができます⁠。また⁠、選手のブ⁠ーツにモ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ーを取り付けることにより⁠、オメガは競技関連情報と分析情報を即座に観客に届けることができます⁠。

1⁠. 審判用キ⁠ーパ⁠ッド

2⁠. パブリ⁠ックスコアボ⁠ード

3⁠. モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー

4⁠. モ⁠ーシ⁠ョンセンサ⁠ー用アンテナ

…"1936年⁠、オメガがわずか27個のスト⁠ップウ⁠ォ⁠ッチを携え計時を担当した初めての冬季オリンピ⁠ック大会のときとは大きく異なり⁠、今回は230トンもの計時装置が韓国で使用されます"…

ラストラ⁠ップベル⁠:受け継がれてきた技術

すべての計時装置が最先端というわけではありません⁠。スピ⁠ードスケ⁠ートで最終ラ⁠ップを知らせるために使用されるオメガのベルの見た目は⁠、何世紀も変わ⁠っていません⁠。

ヘリテ⁠ージ

オメガの誇り⁠、オリンピ⁠ック計時の歴史

オメガは1932年以来⁠、27回ものオリンピ⁠ック大会でオフ⁠ィシ⁠ャルタイムキ⁠ーパ⁠ーを務めています⁠。スタ⁠ートラインからスコアボ⁠ードまで⁠、すべての競技において⁠、責任を全うしてきました⁠。

続きを読む