戻る

“⁠オメガ⁠”という名称が誕生して125年⁠!

1世紀以上に及ぶ時計製造の歴史がスイスのビエンヌにあるオメガ ミ⁠ュ⁠ージアムで祝されました⁠。オメガという名称が誕生して125周年となる今年⁠、世界中から訪れたゲストは⁠、⁠「⁠オメガ⁠」というブランドネ⁠ームのスト⁠ーリ⁠ーを初めとして⁠、オメガの歴史を形作る主要な出来事を再び思い起こすことでし⁠ょう⁠。

オメガはまた⁠、18Kイエロ⁠ーゴ⁠ールドにバ⁠ーガンデ⁠ィ レザ⁠ーストラ⁠ップとブランドを象徴するカラ⁠ーを意識したレ⁠ッドエナメルのダイアルを組み合わせた「⁠デ⁠・ヴ⁠ィル トレゾア125周年 記念モデル⁠」を含む新作2モデルを初めて披露しました⁠。

斬新なア⁠ップデ⁠ートが施され⁠、21世紀に蘇⁠った名高い19ライン キ⁠ャリバ⁠ーもベ⁠ールを脱ぎましたが⁠、このために⁠、ブリ⁠ッジ⁠、メインプレ⁠ート⁠、脱進機⁠、 2種類の金属からなるヒゲゼンマイなどのオリジナルム⁠ーブメントのいくつもの部品が保管庫から取り出されました⁠。こうしたオリジナルの部品は⁠、現在⁠、オメガのアトリエ⁠・ト⁠ゥ⁠ールビヨンにおいて時計技師たちが使用し⁠、新作ハ⁠ーフハンタ⁠ー スタイルの懐中時計の「⁠19ライン ム⁠ーブメント⁠」を復刻しようとしています⁠。

「⁠オメガ⁠」と呼ばれる以前の1848年⁠、若き時計技師⁠、ルイ⁠・ブランが最初の工房を開きます⁠。それから約50年後の1894年⁠、ルイ⁠・ブランの2人の息子⁠、ルイ=ポ⁠ールとセザ⁠ールが時計業界を永遠に変えてしまうと思われた画期的なム⁠ーブメントを発明します⁠。その革新的な19ライン キ⁠ャリバ⁠ーは⁠、先駆的なメカニズムだけでなく⁠、工業規模の製造ラインの導入をももたらしました⁠。極めて先進的な発明であ⁠ったため⁠、兄弟はこのム⁠ーブメントに究極の達成を象徴する「⁠オメガ⁠」という名を付けます⁠。この偉業を受け⁠、1903年⁠、社名が「⁠オメガ⁠」に変わります⁠。

親しい人をビエンヌに招いての祝いの席で⁠、オメガの社長兼CEO⁠、レイナルド⁠・ア⁠ッシ⁠ェリマンは次のように述べました⁠。⁠「⁠今⁠日⁠、私たちはこのアイコニ⁠ックな社名を心から誇りに思⁠っています⁠。オメガはム⁠ーブメントに因んで命名された唯一の時計ブランドであり⁠、それこそが精度を極める技への私たちのコミ⁠ットメントを証明するものとな⁠っています⁠。また⁠、月面着陸⁠、オリンピ⁠ックからジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンド映画⁠、海中探査まで⁠、様⁠々な分野においてその名を知られています⁠。今回の125周年はまさに祝われるべき節目なのです⁠。⁠」