戻る

オメガの1958年製スピードマスターの落札額が世界記録を更新

最初期のレアな「スピードマスター クロノグラフ」が、ストックホルムのブコウスキーオークションハウスにて、275,508 USドル相当の価格で落札されました。この落札額は、この「スピードマスター」のモデルの史上最高額を更新しました。

リファレンス番号CK 2915-1のステンレススティール製クロノグラフは、1958年に発表された「スピードマスター」の初代モデルで、評価の高いキャリバー321を搭載し、ブロードアロー針を配したブラックダイアルやベゼルにタキメータースケールなど、有名なデザインが特徴です。

  • 「スピードマスター」の記録double1
  • 「スピードマスター」の記録double2

コレクターにとって、二度とない機会であったのは、腕時計がオリジナルのコンディションであったためです。例えば、再研磨していないケースやオリジナルのダイアルです。オークションに出品されるCK 2915-1モデルの中でも非常に貴重な1本であり、コレクターにとっては垂涎の的です。

このクロノグラフは、所有者の息子が実家の屋根裏部屋の箱に入っているところを見つけたものです。オークションの最終価格は約275,508 USドルに相当する、2,226,250スウェーデン クローナに達しました。

今年、オメガはアイコニックなスピードマスターの誕生60周年を祝いますが、この落札が非常にタイムリーなイベントになりました。