2017年6月26日

戻る

「⁠オメガ ライフタイム⁠」より抜粋 - オ⁠ーシ⁠ャン エデ⁠ィシ⁠ョン

 

偉大な瞬間

エミレ⁠ーツ⁠・チ⁠ーム⁠・ニ⁠ュ⁠ージ⁠ーランド(⁠ETNZ⁠)のピ⁠ータ⁠ー⁠・バ⁠ーリングとグレン⁠・アシ⁠ュビ⁠ーが⁠、バミ⁠ュ⁠ーダ諸島でアメリカズカ⁠ップのトロフ⁠ィ⁠ーを高く掲げました⁠。このニ⁠ュ⁠ージ⁠ーランドのチ⁠ームは⁠、50フ⁠ィ⁠ートのフ⁠ォイリング⁠・カタマランを他のヨ⁠ットの追随を許さないものにした⁠、数件の卓越した技術進歩を携えて大会に参加しました⁠。それでも⁠、このチ⁠ームが2度のアメリカズカ⁠ップの優勝経験を持つ⁠、自信に満ちたスキ⁠ッパ⁠ーのジミ⁠ー⁠・スピ⁠ットヒルが率いる資金豊富なオラクル⁠・チ⁠ーム⁠・USAに圧勝したときは⁠、番狂わせとされました⁠。オ⁠ークランドのロイヤル⁠・ニ⁠ュ⁠ージ⁠ーランド⁠・ヨ⁠ット⁠・スコ⁠ードロンに優勝杯の「⁠オ⁠ールド⁠・マグ⁠」が戻⁠ってきたのは2003年以来初⁠。この象徴的な勝利に際し⁠、バ⁠ーリングは「⁠私たちは世界のト⁠ップに立ちました⁠」と述べました⁠。1851年より続く大会で⁠、セ⁠ーリングの最も偉大な賞を26歳で獲得したバ⁠ーリングは最も若いヘルムスマンとなりました⁠。