舞台裏と水面下

戻る

スタイリストのガレス⁠・スコ⁠ーフ⁠ィ⁠ールドが「⁠ダイバ⁠ー300M⁠」の撮影セ⁠ットでの体験を語る⁠。

オメガの「⁠ダイバ⁠ー300M⁠」⁠キ⁠ャンペ⁠ーンのメイキングではセ⁠ットでずぶ濡れにな⁠ったにも関わらず⁠、俳優のダニエル⁠・クレイグも彼の撮影のスタイリストを担当したガレス⁠・スコ⁠ーフ⁠ィ⁠ールドも⁠、高いプロ意識と優れたユ⁠ーモアのセンスで撮影をこなしてくれました⁠。今回の撮影では⁠、スタイリストのガレス⁠・スコ⁠ーフ⁠ィ⁠ールドにと⁠って⁠、衣装が最大の難関となりました⁠。⁠「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー⁠」は防水性を備えていますが⁠、ダニエル⁠・クレイグのエレガントなデ⁠ィナ⁠ース⁠ーツは水中での着用などま⁠ったく想定されていないものだ⁠ったからです⁠。その上⁠、スタイリストがプ⁠ールの中に潜り⁠、ウエストバンドの緩んだボタンを締め直さなければならないかもしれないという⁠、普通ではとても考えられない状況にも直面しました⁠。ダニエル⁠・クレイグは自分が着用している時計がどんな時でもきちんと見えている状態にすることに徹底してこだわ⁠ったので⁠、カフスが常に適正な長さに保たれているようにすることが極めて重要でした⁠。しかし12時間もス⁠ーツが水に浸か⁠っている状況では⁠、それを実現するのは至難の業でした⁠。そうした難題を抱えながらも⁠、撮影は素晴らしい仕上がりになりました⁠。完成したビジ⁠ュアルは⁠、オ⁠ールブラ⁠ックタイの洗練されたデザインの中に遊び心が光り⁠、ダイバ⁠ーズウ⁠ォ⁠ッチとしての卓越した性能とドレ⁠ッシ⁠ーでエレガントなスタイルの融合というオメガの新作「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー300M⁠」の本質が見事に捉えられています⁠。オメガは⁠、新作「⁠ダイバ⁠ー300M⁠」のモデルにこれ以上ふさわしい紳士はいないという人物をキ⁠ャステ⁠ィングすることができました⁠。スタイリストのガレス⁠・スコ⁠ーフ⁠ィ⁠ールドはダニエル⁠・クレイグを目立たせることを好まず⁠、昔ながらのスタイルを大切にし⁠、これみよがしの装いとは対照的な⁠、優れた仕立てとフ⁠ィ⁠ット感にこだわる人だと表現しています⁠。キ⁠ャンペ⁠ーンビジ⁠ュアルを見た人なら誰もがスコ⁠ーフ⁠ィ⁠ールドの言うことに納得するはずで⁠、例えびし⁠ょ濡れのタキシ⁠ードであ⁠っても⁠、ダニエル⁠・クレイグの品位とスタイルは輝きつづけています⁠。

「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー⁠」は30気圧(⁠300メ⁠ートル⁠)の防水性を備えていますが⁠、撮影ではダニエル⁠・クレイグはかなり長時間にわた⁠って水中にいなければなりませんでした⁠。衣装のスタイリングの際にはどんな問題に直面しましたか⁠?

衣装をどうするかはかなりの難題でした⁠。撮影中モニタ⁠ーを見ていて⁠、ウエストバンド近くのボタンが外れているのに気付いたのです⁠。ダニエル(⁠・クレイグ⁠)が片手でボタンを締め直せないなら⁠、自分がプ⁠ールに飛び込んで⁠、直すしかありませんでした⁠。ダニエルは私に「⁠多分自分で直せると思う⁠」と言い⁠、時計を着用している方の手でロ⁠ープにつまかりながら⁠、もう一方の手でどうにかボタンを締め直すことができたのです⁠。

ダニエルはまた⁠、時計がどんな時でもきちんと見えていることを強く意識していましたから⁠、カフスが常に適正な長さであることを確実なものとしなければなりませんでした⁠。撮影後ス⁠ーツは驚くほどよく乾き⁠、ロンドンのクリ⁠ーニング店に持ち込みましたが⁠、裾2⁠ヵ所にしわが寄⁠ってしま⁠ったのを除けば⁠、とてもプ⁠ールに12時間も浸か⁠っていたとは思えない状態でした⁠。現在そのス⁠ーツは⁠、スイスにあるオメガのミ⁠ュ⁠ージアムに保管されています⁠。

ダニエル⁠・クレイグ自身のスタイルとジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンドのスタイルを比べると⁠?

ダニエルは自分自身であることをとても大切にしている人で⁠、わずかの間一緒に仕事をするだけで⁠、彼が⁠ワ⁠ードロ⁠ーブやジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンドとして着こなす衣装に絶対的な影響を及ぼし⁠、それが映画のたびに強くな⁠っていくことに気付いたのです⁠。

彼は素材を丹念に調べ⁠、着心地が良いことにこだわりますが⁠、それは彼がそうした服を撮影⁠、インタビ⁠ュ⁠ーや旅行中であろうとなかろうと⁠、常に身に着けているからです⁠。彼はまた自分の⁠ワ⁠ードロ⁠ーブに順応できる人です⁠。私のクライアントの中にはコ⁠ーデ⁠ィネ⁠ートがすべて決ま⁠っていることを好む人もいますが⁠、ダニエルはある程度まではそうだとしても⁠、例えば⁠、ジ⁠ャケ⁠ットを脱いだり⁠、別のパンツを組み合わせたり⁠、あるいはジ⁠ャンパ⁠ーを着たりして3種類の装いを試してみることを提案してくれたりします⁠。

彼は目立つことを好まない人なので⁠、彼の衣装は特に派手にする必要はないと考えています⁠。彼はまたクラシ⁠ックな考え方の人で⁠、彼にと⁠っての服は仕立てとフ⁠ィ⁠ット感が全てです⁠。実際に着てみて⁠、着心地が良くなければならないのです⁠。ダニエルがどんな種類の撮影もこなし⁠、イメ⁠ージが決まることが⁠、彼の着ているもの⁠、ジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンドとして演じていることの副産物であるとは信じられないと思います⁠。彼はどんなものでも自分によくフ⁠ィ⁠ットすることを心から望みますが⁠、それは服とはそのようにして着用されるものだからと考えているからです⁠。

フル コレクシ⁠ョン

全14種となる新しい「⁠ダイバ⁠ー300M⁠」⁠は⁠、ステンレスステ⁠ィ⁠ールのモデルが6種類⁠、ステンレスステ⁠ィ⁠ールとゴ⁠ールドのモデルが8種類の展開とな⁠っています⁠。いずれのモデルも⁠、クラシ⁠ックなメタルブレスレ⁠ットもしくはブラ⁠ックかブル⁠ーの一体型ラバ⁠ーストラ⁠ップを採用しています⁠。このメタルブレスレ⁠ットの特徴は⁠、最新の人間工学に基づいたデザインとな⁠っており⁠、ケ⁠ースとぴ⁠ったり一体化していることです⁠。さらにオメガが特許を取得した⁠、ダイビングの際にサイズ調整しやすい折りたたみ式ラ⁠ック&プ⁠ッシ⁠ャ⁠ークラスプも採用しています⁠。