ブルーにブルーを重ねて

戻る

写真: フィリップラコムベ

オメガ ライフタイムより抜粋 - ファミリー エディション

 

時計製造の黎明期から、ブルーという色は洗練されたスタイルと 卓越したウォッチメイキングを象徴していた。当時、ねじや針の青みは、 耐食性を上げるためにスティールを熱する際に自然と現れるものだった。 現在は、デザインの一部として取り入れられているブルー。 これらのウォッチ は、贅沢なまでにブルーを極めている。 空色のダイアル、ネイビーブルーのレザーストラップ、インディゴのベゼルに加え、 オールセラミックのケースでさえミッドナイトブルーに染められ、オメガの中で 最もブルーに富んだコレクションを構築する。