戻る

シンディ・クロフォード、香港へ

1995年からオメガのアイコニックなコレクション、「コンステレーション “マンハッタン”」の顔として、その手もとを数々のタイムピースで飾ってきたシンディ・クロフォード。今回、香港で行われた最新のレディスモデルの発表イベントにも、彼女は特別ゲストして登場しました。

シンディの香港滞在は、K11アートモールにある最近リノベーションされたばかりのオメガ ブティックから始まりました。ここで彼女は、“マンハッタン”モデルの新作を間近で鑑賞。アイコニックなウォッチを堪能すると同時に、香港初の新しい内装デザインもじっくりと楽しんでいました。ゴールドに縁取られた空間がコンテンポラリーでありながら洗練された外観を見せるブティックです。

夜は、オメガの社長兼CEO、レイナルド・アッシェリマンが、リッツ・カールトンにあるバーOZONEでシンディを出迎えました。ビクトリア・ハーバーを一望できるホワイトとゴールドで装飾されたこのバーではカクテルイベントが開催され、新作「コンステレーション “マンハッタン”」のジュエリーモデルを収めたショーケースと、その美しいウォッチを着用したシンディの登場で会場はひときわ活気づきました。彼女の手首を飾ったゴールドのタイムピースにはレッドルビーのインデックスが配され、ブレスレットにはダイヤモンドがセットされていました。

シンディの話を聞いたゲストは、特設フォトブースで世界にただひとつのポートレートを撮影。コンステレーションのグローバル広告キャンペーンで展開した“マンハッタン” スタイルのイメージを映し出したブースです。また、コレクションの世界観を見事に表現した製品ディスプレイでは、「コンステレーション」のモダンなリニューアルも紹介されました。 

魅力あふれるタイムピース コレクションが輝く、香港での忘れられない一日となりました。