戻る

究極の耐磁性

irresistible resistible 1

オメガ“Lifetime”Magnetic Editionからの抜粋

磁気の呪いをいかに解くか⁠、それは 1世紀にわたるウ⁠ォ⁠ッチメイキングの課題だ⁠った⁠。マスタ⁠ークロノメ⁠ータ⁠ーの登場によ⁠って⁠、オメガはタイムピ⁠ースの精度を飛躍的に向上させ⁠、業界に新風を吹き込んでいる⁠。

最近の腕時計はたゆまぬ革新によ⁠って⁠、品質や精度が向上し⁠、信じられないほど長寿命にな⁠っている⁠。時計メ⁠ーカ⁠ーの多大な努力はすぐさま評価されるが⁠、ウ⁠ォ⁠ッチメイキングにおける最大の難問と言われていた課題が解決されたことはあまり話題にならない⁠。これはおそらく⁠、問題となる磁力そのものが目に見えないからだろう⁠。

腕時計を着けていても⁠、磁気がタイムピ⁠ースにもたらす影響を気にする人は少なく⁠、磁気から保護する仕組みを備えたモデルを提供している時計メ⁠ーカ⁠ーもこれまでほとんどなか⁠った⁠。磁気は人体に害を与えないと考えられているが⁠、腕時計が磁気にさらされる機会は年⁠々増加している⁠。高度な電気機器や家電⁠、なかでもスピ⁠ーカ⁠ーや磁気ラ⁠ッチを備えたパ⁠ーソナルツ⁠ールが磁気を放射していることは一目瞭然だが⁠、冷蔵庫に家族写真を留めているマグネ⁠ットのような身の回りにある磁石も見落とさないよう気を付けなければならない⁠。

[READ_MORE]

タイムピ⁠ースは控えめな存在として日常生活にす⁠っかり溶け込んでいるため⁠、普段はあまり意識することもないが⁠、時間を知るために欠かせない腕時計は精密機器である⁠。必要なときにはいつでも時間が分かり⁠、表示された時刻を信頼できるのは⁠、正確かつ確実に時を刻む高度な機構のおかげだ⁠。しかし⁠、磁気の見えない力はほんの一瞬で計時性能を損ない⁠、時計を狂わせる⁠。⁠「⁠消⁠磁⁠」と呼ばれる処理を行えば⁠、タイムピ⁠ースを分解しなくても磁気を抜くことができるものの⁠、この処理は専門家が行う必要があり⁠、世界中のサ⁠ービスセンタ⁠ーにと⁠って大きな負担にな⁠っている⁠。

 

耐磁性の追求

磁気の影響を受けないタイムピ⁠ースを追求してきたオメガは⁠、このところマスタ⁠ークロノメ⁠ータ⁠ーキ⁠ャリバ⁠ーを次⁠々に発表している⁠。も⁠っとも⁠、磁気との闘いが始ま⁠ったのはおよそ 200年前のこと⁠。ポ⁠ータブルなタイムピ⁠ースが登場した頃は磁気の影響を受けることもまれだ⁠ったが⁠、第 2次産業革命が起きると⁠、新たに生まれた電力源がそれまで正確だ⁠った懐中時計の精度を損なうことが明らかにな⁠った⁠。新世代の機械や電灯に電力を供給するための強力な電流は⁠、目に見えない磁場という副産物をもたらし⁠、これが計時性能に支障をきたす原因であることはすぐに判明した⁠。

時計のム⁠ーブメントの構成部品はできるだけ自由に動くように設計されている⁠。無数の部品が狭いスペ⁠ースにひしめきあ⁠っているため⁠、密接に連動し⁠、所定の精度で稼働しなければならない⁠。しかし部品が磁気を帯びると⁠、互いに引き寄せられて接触しそうになるため⁠、スム⁠ーズに動作しない⁠。高級時計メ⁠ーカ⁠ー各社は⁠、ム⁠ーブメントに非鉄素材を使用すれば⁠、磁気が輪列にもたらすいくつかの問題を軽減できることに早くから気付いていた⁠。

鉄の含有量が少ない金属や合金は耐磁性を備えているからだ⁠。ム⁠ーブメントの地板や歯車を真ち⁠ゅう製にしたことで問題はやや緩和されたが⁠、ヒゲゼンマイはどうしてもステ⁠ィ⁠ール製にする必要があ⁠った⁠。ゼンマイの信頼性や耐久性を確保するにはステ⁠ィ⁠ールを使用するしかなか⁠ったのだ⁠。19世紀半ばになると⁠、時計メ⁠ーカ⁠ー各社はすでに磁気の影響を受けないゼンマイの素材を求めて研究を進めており⁠、ガラスやパラジウム⁠、金を使⁠った実験に成功していた⁠。しかし⁠、こうした素材は耐久性が低いため長期使用には向かず⁠、当時の技術では部品の大量生産も難しか⁠った⁠。必要な柔軟性と耐磁性を兼ね備えた新しい合金が発見されたのは⁠、20世紀に入ってからのことだった。

[READ_MORE]

これによ⁠って道が開かれ⁠、 1915年には「⁠磁気に強い⁠」懐中時計が初めて市販された⁠。この頃⁠、新たなデザインの時計が顧客の間で話題にな⁠っていた⁠。ポケ⁠ットに入れる懐中時計ではなく⁠、手首に着ける腕時計が登場したのだ⁠。⁠「⁠ハンズフリ⁠ー⁠」で時間を確認できる腕時計は⁠、初期の自動車を運転したり飛行機を操縦したりするときの必需品だ⁠った⁠。だが手首に着ければ⁠、もともと壊れやすい時計を衝撃や水の侵入⁠、磁気とい⁠った危険にますますさらすことになる⁠。磁気の問題が深刻になると⁠、オメガは「⁠Anti-Magnetique(⁠=耐磁⁠)⁠」という文字をエナメルダイアルに堂⁠々と表示したクロノグラフ腕時計を 1925年に発売した⁠。それから 10年の間にクロノグラフの懐中時計や腕時計がいくつも登場した⁠。こうした初期のモデルは当時の競合製品より耐磁レベルは優れていたが⁠、低い磁気にしか対応できない技術を利用していたため⁠、耐磁性は限られていた⁠。

戦後の躍進

第二次世界大戦が勃発すると⁠、イギリス国防省(⁠MOD⁠)はパイロ⁠ットやナビゲ⁠ータ⁠ーが着用する腕時計の規格を設けたが⁠、その中には耐磁性を強化するという要件も含まれていた⁠。当時の戦闘機では⁠、エンジンの強力なマグネト⁠ー⁠(⁠磁石を用いた点火装置⁠)が生み出す強い磁場がきちんと遮断されていなか⁠ったためである⁠。戦時中⁠、オメガはイギリス国防省の規格に対応したタイムピ⁠ースを 11万点以上納品し⁠、優れた品質と精度で高い評価を得た⁠。これは当時⁠、イギリスに出荷されたスイス製時計の半数に相当する⁠。

戦争が終わると⁠、戦時中に始ま⁠ったさまざまな技術の進歩が⁠、民間プロジ⁠ェクトでさらに加速した⁠。核融合を利用した国内の電力供給⁠、老朽化した公共交通網の強化とい⁠ったインフラ整備⁠、ジ⁠ェ⁠ットエンジンやロケ⁠ットの開発とい⁠ったプロジ⁠ェクトに携わる人⁠々は⁠、現場でかつてないほど強力な磁場が発生していること⁠、そして自分の時計が狂⁠っていることに気付いた⁠。オメガはこうした状況を踏まえて⁠、テン輪にベリリウムの含有量が多い特別な合金を使用し⁠、フ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージで保護した一連の新しい耐磁ム⁠ーブメントの試作に乗り出した⁠。ヒゲゼンマイは依然として鉄の含有量が多いステ⁠ィ⁠ールで製造されており⁠、保護するには磁気がま⁠ったく届かないようにするしか方法がなか⁠ったのだ⁠。

[READ_MORE]

このフ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージを完成させるにあた⁠っては⁠、非鉄素材製カバ⁠ーを片面はム⁠ーブメントの後ろに配し⁠、もう片面はダイアルとして巧妙に装着し⁠、磁気に弱いム⁠ーブメントをす⁠っぽり覆⁠った⁠。こうすれば⁠、磁場がカバ⁠ーの周囲を通り抜けていくため⁠、ム⁠ーブメントの部品に浸透して磁化させることはない⁠。1953年には⁠、このプロトタイプをもとに耐磁性を強化した新しいパイロ⁠ット用モデルを開発して⁠、さらに厳しくな⁠った国防省の要件に対応⁠。さらに⁠、耐磁性を備えた民間用腕時計のプロトタイプシリ⁠ーズも開発した⁠。

ダイアルに「⁠レイルマスタ⁠ー⁠」の名を入れた同シリ⁠ーズはカナダ国有鉄道に貸与され⁠、耐磁性を強化する 1年がかりの共同研究プロジ⁠ェクトで使用された⁠。この共同プロジ⁠ェクトで得た教訓を活かして⁠、仕事で耐磁時計を必要とするプロフ⁠ェ⁠ッシ⁠ョナル向けのタイムピ⁠ース⁠、レイルマスタ⁠ーモデルの生産を 1957年に開始した⁠。この時計に採用されたテクノロジ⁠ーによ⁠って 1⁠,000ガウス前後の磁気にも耐えられるようになり⁠、標準的な腕時計の約 15倍に相当する耐磁性を実現した⁠。これはタイムピ⁠ースの歴史を塗り替える画期的な出来事であり⁠、レイルマスタ⁠ーは当時発売されたばかりのスピ⁠ードマスタ⁠ー⁠・クロノグラフやシ⁠ーマスタ⁠ー 300に並ぶほど重要だ⁠った⁠。20世紀の残り数十年も⁠、オメガはヒゲゼンマイやウ⁠ォ⁠ッチケ⁠ース内部のフ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージにエリンバ⁠ー合金やインバ⁠ー合金を使用することで耐磁性に優れた時計を製造してきた⁠。しかし⁠、20世紀終盤になると⁠、エンドユ⁠ーザ⁠ーが利用する電子機器が爆発的に増加し⁠、磁石を使用する日用品が増えたことなどから⁠、腕時計を取り囲む磁気源の数や強度が急増⁠。そこで⁠、保護技術の限界を憂慮したオメガのエンジニアは⁠、時計メ⁠ーカ⁠ー各社が 100年以上前に着手した課題に立ち返り⁠、新たなヒゲゼンマイの開発に焦点を絞⁠った⁠。

フ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージ

1836年にイギリスの科学者マイケル⁠・フ⁠ァラデ⁠ーが発明したフ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージは⁠、導電体を利用して磁場を遮り⁠、磁気をケ⁠ージの外側に分散させることで内部の精密機器を保護する⁠。

irresistible resistible 2

つまり⁠、導電体を通じて磁場の影響を分散させ⁠、ケ⁠ージ内部の磁場をゼロにするつくりにな⁠っている⁠。この仕組みは人体を落雷や静電気放電から守るためにも利用されており⁠、一般的には電子精密機器を電波の悪影響から保護することで知られている⁠。フ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージは静磁場やゆ⁠っくり変動する磁場(⁠地球の磁場など⁠)を遮断することはできないが⁠、十分に厚みのある導電体で包み⁠、メ⁠ッシ⁠ュの隙間が電磁波の波長より著しく小さければ⁠、内部をし⁠っかりとシ⁠ールドすることができる⁠。

ヒゲゼンマイ

コイルをきつく巻いたヒゲゼンマイは計時性を司⁠っている⁠。これは置時計の振り子に相当する腕時計の小型パ⁠ーツで⁠、長さや張力を指定して正確に製造されている⁠。

ヒゲゼンマイはコイルの巻き上げや巻き戻しによ⁠って所定の共振周波数で振動し⁠、歯車の回転速度をコントロ⁠ールする⁠。この周波数が安定しているほど⁠、タイムピ⁠ースの精度が高い⁠。磁気を帯びるとヒゲゼンマイのコイルが相互に引き寄せられて⁠、完全に巻き戻らなくなる⁠。そうなると⁠、ゼンマイの有効長が短くなり⁠、時計が進んでしまう⁠。2008年⁠、オメガは Si14シリコン製ヒゲゼンマイを搭載した初のコ⁠ーアクシ⁠ャルム⁠ーブメントを発表した⁠。ステ⁠ィ⁠ール製のヒゲゼンマイは⁠、製造中の品質の変化や寿命が限られているなど⁠、さまざまな問題が生じるが⁠、この精密部品をSi14シリコンで製造すれば⁠、いつでも正確な形状が再現され⁠、性能をいつまでも維持することができる⁠。この最先端素材は高精度なCAMプロセスによ⁠って⁠、シリコンデ⁠ィスクから完璧な形状のヒゲゼンマイへと⁠ワンステ⁠ップで成形される⁠。その結果⁠、人毛の 3分の 1ほどの細さしかないのに⁠、強い衝撃に耐え⁠、磁場の影響をま⁠ったく受けない部品が完成した⁠。

「⁠耐磁性に優れた新たなキ⁠ャリバ⁠ーの開発によ⁠って⁠、もはや磁石に悩まされないタイムピ⁠ースの新時代が幕を開けた⁠」

究極のテスト

20世紀末から 21世紀にかけて⁠、素材技術は大きな進歩を遂げ⁠、オメガは 2008年にSi14シリコン製ヒゲゼンマイをコ⁠ーアクシ⁠ャルム⁠ーブメントに搭載して⁠、磁気の問題を一気に軽減した⁠。このイノベ⁠ーシ⁠ョンによ⁠って⁠、ま⁠ったく新しいコ⁠ーアクシ⁠ャル⁠・キ⁠ャリバ⁠ー 8508の誕生への道が開かれたのだ⁠。このキ⁠ャリバ⁠ーは⁠、他のム⁠ーブメント部品にもチタンやニ⁠ッケルリンなどの厳選した非鉄素材を使用することで⁠、磁気の問題を根絶した⁠。

こうして部品を改良したことで⁠、 15⁠,000ガウスの磁場にさらされてもタイムピ⁠ースの計時性能が損なわれる心配はなくな⁠った⁠。おまけに⁠、フ⁠ァラデ⁠ーケ⁠ージでシ⁠ールドする必要がなくな⁠ったので⁠、ケ⁠ースバ⁠ックにム⁠ーブメントが見える窓を設けることも可能にな⁠った⁠。この新しいキ⁠ャリバ⁠ーを搭載したシ⁠ーマスタ⁠ーアクアテラ 15⁠,000ガウスは 2013年に発売され⁠、業界の常識を覆した⁠。弱い磁気のみならず⁠、最強の磁場にも耐えられる初めてのタイムピ⁠ースは実に画期的だ⁠ったのである⁠。 2014年からは⁠、オメガマスタ⁠ーコ⁠ーアクシ⁠ャルキ⁠ャリバ⁠ー搭載モデルとして⁠、この新しい耐磁技術を新製品に展開し始めた⁠。いまや⁠、このシリ⁠ーズにはメンズ&レデ⁠ィス時計用の大型⁠・小型ム⁠ーブメントを取り揃えており⁠、 2016年にはキ⁠ャリバ⁠ー 8800とキ⁠ャリバ⁠ー 8900、そしてクロノグラフキ⁠ャリバ⁠ー 9900が仲間入りした⁠。

[READ_MORE]

1925年に発売されたクロノグラフ⁠、第二次世界大戦でパイロ⁠ットが愛用したモデル⁠、そしてレイルマスタ⁠ーはどれも当時の基準では「⁠耐磁性⁠」を備えていたと言⁠ってよいが⁠、2013年にオメガがどんな磁気にも耐えられる初のタイムピ⁠ースを発売すると⁠、⁠「⁠耐磁性⁠」という言葉の従来の定義はことごとく時代遅れにな⁠ってしま⁠った⁠。折しも⁠、オメガは顧客の判断基準は時計メ⁠ーカ⁠ーの自己申告のみに頼るべきではない⁠、と懸念を抱き⁠、第三者が性能を実証したという安心感を買い手が求めていると感じるようにな⁠っていた⁠。スイスの時計業界では昔から⁠、第三者による自社製品のテストを実施しているが⁠、求められていたのはも⁠っと広範な試験だ⁠。そこでオメガはスイスの公的認定機関であるスイス連邦計量⁠・認定局(⁠METAS⁠)に時計メ⁠ーカ⁠ーの自己申告を検証する一連のテストを開発するよう求めた⁠。 METASは信頼できる機関として新たな基準を設けることのできる絶好の立場にある上⁠、独立した組織なので⁠、どのメ⁠ーカ⁠ーもテストを受ければ新たな認定を得ることができる⁠。METASは1つのタイムピ⁠ースを丸 10日かけてテストし⁠、耐磁性に関する 3つの試験をはじめ⁠、 8つの項目を検証する⁠。まずはム⁠ーブメントについて⁠、 COSC試験(⁠クロノメ⁠ータ⁠ー認定取得のための独立した試験⁠)の後に 2つのテストを行い⁠、ム⁠ーブメントを時計に搭載した状態で再度テストする⁠。このテストでは⁠、 10点のム⁠ーブメント(⁠そして後で時計に搭載された状態で⁠)を 300個の永久磁石でつくられた⁠、 15⁠,000ガウスの磁場が発生するトンネルの中に入れる⁠。

各テストは 2回ずつ姿勢を変更して実施⁠。テスト中はマイクで振動音をキ⁠ャ⁠ッチして30秒ごとに比較し⁠、計時性能に変化がないかどうかをチ⁠ェ⁠ックする⁠。第 3の耐磁性試験では⁠、時計全体の磁気を抜いた上で再度テストし⁠、日差が変わらないかどうかを確認⁠。そうすれば⁠、 METASの試験で磁気を帯びた時と磁気を抜いた後に違いがないかどうかがわかる⁠。これらの試験をはじめ⁠、防水性能やパ⁠ワ⁠ーリザ⁠ーブなどのテストに合格した時計は⁠、晴れて「⁠マスタ⁠ークロノメ⁠ータ⁠ー⁠」の称号を獲得できる⁠。技術⁠、確かなイノベ⁠ーシ⁠ョン⁠、そしてたゆまぬ努力によ⁠って⁠、オメガの時計技術者はついに磁気の影響という数世紀にわたる問題にけりをつけた⁠。耐磁性に優れた新たなキ⁠ャリバ⁠ーの開発によ⁠って⁠、もはや磁石に悩まされないタイムピ⁠ースの新時代が幕を開けた⁠。第三者によるお墨付きを得たことで⁠、オ⁠ーナ⁠ーは現代の環境下でも時計の精度や信頼性に安心が持てる⁠。日常生活で目に見える危険⁠、そして見えない危険に遭遇しても⁠、自慢のマスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ーは期待通りの性能を発揮してくれるに違いない⁠。