戻る

オメガとアポロ13号:50年を経て

成否を分けた14秒の記憶

1970年にアポロ13号計画で酸素タンクが爆発を起こした際、宇宙飛行士たちは危機的な状況に追い込まれました。乗組員が直面した数々の試練の中でも、14秒のエンジン噴射は彼らが地球に帰還するために必須のものでした。幸いなことに、乗組員たちは助けとなる、とあるクロノグラフを身に着けていたのです。

救出の追体験

「デジタルタイマーがない環境で、スピードマスターは極めて重要な役割を果たしました。」

伝説のクロノグラフ

スピードマスター ムーンウォッチ

アポロ13号の乗組員をはじめ、6回にわたる全ての月面着陸プロジェクトで宇宙飛行士たちから信頼を得たアイコニックな「スピードマスター ムーンウォッチ」は、宇宙探検の歴史においてその地位を不動のものにしました。

ウォッチを見る

乗組員と装備品

 ベテラン宇宙飛行士のジェームズ・ラヴェルを船長とし、乗組員たちは月へと向かいました。これは人類による3度目の月面着陸で、アポロ計画の次なる成功となる予定でした。司令船操縦士のジャック・スワイガートと月着陸船操縦士のフレッド・ヘイズとともに、3人の宇宙飛行士たちは、1965年以降のすべての有人宇宙計画でNASAの公式装備品になったクロノグラフ「オメガ スピードマスター プロフェッショナル」をそれぞれ身に着けていました。

NASAの写真はnasaimages.orgのご厚意により掲載されています