戻る

フランクフルトに“Speedy Tuesday”が登場

月面歩行の最年少記録を持つ伝説的な宇宙飛行士のチャールズ・デュークとともに、オメガはイベント来場者を、時空を超えた旅へと誘いました。

毎回世界の注目を集めるオメガのSpeedy Tuesdayイベントが、ドイツのフランクフルトで開催されました。「スピードマスター」の愛好家にとって、このイベントはオメガのタイムピースの歴史や、幾度も月面着陸を経験した宇宙飛行士から、実体験を織り交ぜた宇宙探査談を直接聞くことができる絶好の機会となりました。

Speedy Tuesdayのゲストスピーカーして招かれた伝説の宇宙飛行士チャールズ・デュークは、驚きに満ちたキャリアライフを掘り下げて語りました。

デュークは、支援乗員として選ばれたアポロ10号や交信担当官を務めたアポロ11号を含む、計5回のアポロ計画に従事しました。アポロ13号で月着陸船パイロットの交代要員を務めた後、1972年にはアポロ16号の月着陸船パイロットに就任しています。このミッションで、デュークはジョン・ヤングとともにデカルト高地に降り立ち、3回の船外活動を行いました。彼は月面を歩いた10人目の、そして最年少の人物となりました。71時間14分の滞在時間中に、月に家族写真を残したことでも有名です。

Speedy Tuesdayイベントのゲストスピーカーに招かれたのはデュークだけではありません。Fratello Watchesの創始者であるロバート=ジャン・ブロアは、ジャン=クロード・モナション商品開発&カスタマーサービス担当副社長とステージ上で対談。会場を訪れたゲストに、ワクワクするようなスピードマスターの歴史や未来の展望を垣間見せました。

2012年にロバート=ジャン・ブロアが始めた#SpeedyTuesdayのSNSムーブメントは、開始以降、順調にフォロワーを増やしています。限定のタイムピースや世界レベルでのイベントを通じて、オメガはこの特別なオンラインコミュニティをサポートするとともに、月で初めて着用された時計への同じ情熱を共有しているのです。