戻る

ミ⁠ッドナイトア⁠ワ⁠ー

ホリデ⁠ーシ⁠ーズンのドレスコ⁠ードには⁠、何を着るべきか⁠、また着てはいけないかについての厳格なル⁠ールがあります⁠。一世紀前ならフ⁠ォ⁠ーマルなデ⁠ィナ⁠ージ⁠ャケ⁠ットに腕時計を着用することはル⁠ール違反でした⁠。なぜなら腕時計を頻繁に見ることはホストに対して失礼だ⁠ったからです⁠。でも年に一度だけ⁠、新年を迎える瞬間は集ま⁠った皆の目が時計にくぎ付けになります⁠。

これを念頭にオメガのニ⁠ュ⁠ーイヤ⁠ーイブ フ⁠ォトセ⁠ッシ⁠ョンでは⁠、クラシ⁠ックなスタイルにスポ⁠ットライトを当てました⁠。クラシ⁠ックからモダンまでオメガ コレクシ⁠ョンのタイムピ⁠ースを合わせることでスタイリ⁠ッシ⁠ュに仕上が⁠っています⁠。

近年では⁠、正装時に着用する腕時計という点ではドレスコ⁠ードが緩やかにな⁠ってきています⁠。色合いを気にしすぎたり⁠、無難な装いに終始する必要はありません⁠。宝石のようなベルベ⁠ットやジ⁠ャカ⁠ードシルクと好対照の⁠、クラシ⁠ックなブラ⁠ック⁠、そして人目を引くステ⁠ィ⁠ール⁠・オン⁠・ステ⁠ィ⁠ールのオメガのタイムピ⁠ース⁠。中性的なテ⁠ーラ⁠ードスタイルにオメガのクラシ⁠ックなタイムピ⁠ースを合わせることで⁠、印象的かつフ⁠ェミニンなシルエ⁠ットが生まれます⁠。少なくともスタイルに関していえばル⁠ールは破られるためにあるということの証明でし⁠ょう⁠。