戻る

地球の反対側に現れた月の英雄

1969年のアポロ11号の月面着陸は、世界中の想像力を刺激した瞬間でした。今年の50周年を記念し、様々な国で特別なイベントが開催されることは全く不思議ではありません。

オーストラリアでは、オメガがシドニーのフォックス・スタジオでユニークなガラディナーを開催しました。イベントの会場となった、数々の有名映画が撮影されているステージ1は広い空間を有し、VIPゲストやセレブリティを迎えるのにふさわしい、完璧な場所でした。 

テーブルの上の空間で特別な軌道を描くオメガの金の宇宙飛行士や、月に着想を得た装飾、インタラクティブなビデオブースが、ガラディナーをさらに盛り上げました。

特別なハイライトとして、NASAで宇宙飛行士を務めたチャールズ・デュークが質問コーナーに登場し、月面を歩いたときの思い出やアポロ11号計画における通信担当官の役割について語りました。

当然のことながら、完璧なムーンパーティに月面で初めて着用された腕時計である「スピードマスター」は欠かせません。アイコニックなモデルが多数展示され、その歴史に敬意を表すとともに、新しい世代の冒険家達にインスピレーションを与えました。