戻る

時の観察者

「⁠オメガ ライフタイム⁠」より抜粋 - オ⁠ーシ⁠ャン エデ⁠ィシ⁠ョン


保管室に眠る宝

1948年⁠、オメガは創業100周年の記念として⁠、センテナリ⁠ーというぴ⁠ったりな名前の時計を発売した⁠。公式にクロノメ⁠ー⁠タ⁠ーと認められたバンパ⁠ー⁠オ⁠ートマチ⁠ックである⁠。1952年にはコンステレ⁠ー⁠シ⁠ョンが発売され⁠、世界で初めてすべての時計が公式クロノメ⁠ー⁠タ⁠ーとして認められたシリ⁠ーズとな⁠っ⁠た⁠。

 

コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョン OT 2699

オメガ ミ⁠ュ⁠ージアムのア⁠ーカイブを調べる中で⁠、⁠我⁠々は非常に貴重なコンステレ⁠ー⁠シ⁠ョンに遭遇した⁠。正確さを追求する中で生まれたシリ⁠ーズの最上位モデルである⁠。18Kのイエロ⁠ー⁠ゴ⁠ールドで⁠、OT 2699というリフ⁠ァレンス番号が付いたそのコンステレ⁠ー⁠シ⁠ョンには⁠、ダイアルに天文台がエナメル加工で描かれている⁠。この時計は⁠、ある有名な中東のクライアントが製造を依頼した限定版のタイムピ⁠ースだ⁠。防水加工されていて⁠、⁠ケ⁠ースは光沢のある部分とツヤ消しされた部分の⁠二層構造にな⁠っている⁠。丸味を帯びたベゼルとやや下向きにカ⁠ーブしたラグのサイズは⁠、それぞれ35ミリ×11ミリである⁠。多角形のリ⁠ュウズは⁠、コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョンシリ⁠ーズ特有のものだ⁠。さらに⁠、堅固なねじ込み式ケ⁠ースバ⁠ックには⁠、今ではす⁠っかりおなじみにな⁠った天文台のエンブレムがエンボス加工で刻印されている⁠。エナメル加工されたダイアルには⁠、⁠ミ⁠ッドナイトブル⁠ーの星空の下に天文台が描かれ⁠、純金のチ⁠ャプタ⁠ーリングにはバトンの形をした黄金のインデ⁠ックスが11個⁠、滑らかに面取りされてちりばめられている⁠。12個目のインデ⁠ックスは6時を示すオメガのロゴだ⁠。滑らかに磨き上げられたド⁠ー⁠フ⁠ィンスタイルの針はこちらも黄金で⁠、外観全体をまとめ上げている⁠。

[READ_MORE]

コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョン OT 2699は自動巻きで⁠、銅色のキ⁠ャリバ⁠ーの型番は28⁠.10 RASC-354⁠(⁠現在はシンプルに⁠「⁠キ⁠ャリバ⁠ー354⁠」と呼ばれる⁠)⁠。17の軸受宝石⁠、直列型のレバ⁠ー脱進機⁠、純金属のテンプ⁠、緩衝装置⁠、自己補正式のフラ⁠ットヒゲゼンマイ⁠、そしていわゆるバンパ⁠ー式ロ⁠ー⁠タ⁠ーが装備されている⁠。言うまでもなく⁠、コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョン OT 2699は公式認定クロノメ⁠ー⁠タ⁠ーとされている⁠。

エナメル加工

色鮮やかなエナメルのダイアルは⁠、オメガでは現在に至るまで非常にレアなもので⁠、そのほとんどは1946年から1956年にかけて製造された⁠。オメガは1954年⁠、当時エナメルダイアルメ⁠ー⁠カ⁠ーの最大手だ⁠ったスタ⁠ー⁠ン⁠・フレ⁠ールに⁠、鮮やかな青⁠、⁠タ⁠ーコイズ⁠、金を背景に天文台の円屋根が描かかれたダイアルの少量生産を依頼した⁠。最上級のスキルと才能が要求されたこれらのダイアルは⁠、オメガの歴史の中でも最も名高い⁠一品のために特別に使用された⁠。

エナメル加工では⁠、エナメル質でデザインを施した色の付いた部分を⁠、髪の毛⁠一本よりも細い金の糸で仕切るテクニ⁠ックが要求される⁠。その糸は事実上⁠、⁠個⁠々の色部分の輪郭をなぞる役割を果たす⁠。

天文台のモチ⁠ーフ

天文観測台のエンブレムは⁠、1952年に最初のコンステレ⁠ー⁠シ⁠ョンが発売されて以来⁠、このシリ⁠ーズすべてのコレクシ⁠ョンのケ⁠ースバ⁠ックに刻印されている⁠。8つの星に囲まれた天文台の円屋根というモチ⁠ーフは⁠、天文台でのコンテストにインスパイアされて描かれたものだ⁠。円屋根はジ⁠ュ⁠ネ⁠ーブの天文台であるという説がまことしやかに語られてきたが⁠、オメガ ミ⁠ュ⁠ージアムのペトロス⁠・プロトパパス館長によると⁠、どこか特定の天文台を描いたものではない可能性が高いそうだ⁠。8つの星は⁠、1945~1952年に毎年行われた天文台クロノメ⁠ー⁠タ⁠ーテストでオメガが成し遂げた最大の功績を表したものだ⁠。

[READ_MORE]

オメガ ミ⁠ュ⁠ージアムはこのオメガ コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョン リフ⁠ァレンス番号OT 2699を⁠、2007年にオ⁠ークシ⁠ョンで購入した⁠。オリジナルボ⁠ックスと鑑定書付きで出品されたロ⁠ット番号160のこの時計は当初⁠、落札価格2万5000スイスフランと見られていたが⁠、最終⁠的に15万2500スイスフランで落札された⁠。18Kの金のブレスレ⁠ットがあしらわれた豪華版もジ⁠ュ⁠ネ⁠ーブのオ⁠ークシ⁠ョンに出品され⁠、こちらは10万6250スイスフランで競り落とされた⁠。

投資金額にかかわらず⁠、コンステレ⁠ー⁠シ⁠ョン OT 2699はコレクタ⁠ーに特に愛されているモデルである⁠。なぜならそれは⁠、今日に至るまで⁠、オメガの理想を最もよく象徴しているタイムピ⁠ースだからだ⁠。すなわち美⁠、信頼性⁠、そして正確さである⁠。