戻る

シ⁠ーマスタ⁠ー70周年

An extract from OMEGA Lifetime - The Family Edition

photographs by PHILIPPE LACOMBE

 

人間は⁠、何千年も前から海に魅了されてきた⁠。漆黒の茫漠とした闇の中に潜む深海の謎は⁠、冒険心豊かな人⁠々の心を悩ませ⁠、誘惑し続けてきた⁠。しかし⁠、人間が海の秘密を真に解き明かせるような潜水技術をようやくマスタ⁠ーしたのは⁠、ごく最近⁠――ここ100年くらい⁠――のことである⁠。

この冒険の中で最も重要な技術の一つは⁠、ダイバ⁠ーが手首に着用する腕時計である⁠。腕時計には⁠、空気の残量をカウントする大切な役割があるだけでなく⁠、迫りくる水圧に耐える能力も求められる⁠。また正確かつ確実な計時は⁠、波間に身を投じる者にと⁠ってはいつでも不可欠である⁠。

[READ_MORE]

今日では⁠、オメガ シ⁠ーマスタ⁠ーは⁠、海の冒険の伴侶として最高の腕時計の一つであることが知られている⁠。またその名が示すように⁠、それを目的として作られた製品であると考えられている⁠。しかし⁠、長い歴史を持つ他の多くのモデルと同様⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーも⁠、独自の歩みをたど⁠ってきた⁠。その歴史は⁠、70年の間にさまざまに変化し⁠、進化してきた⁠。その本当の起源も⁠、一般に考えられているものとは大きく異なる⁠。

後にシ⁠ーマスタ⁠ーへとつながる最初の大きな「⁠種⁠」⁠は⁠、1932年に蒔かれた⁠。この年⁠、オメガは世界で初めて民間のダイバ⁠ー向けの腕時計を設計し⁠、これを「⁠マ⁠リ⁠ー⁠ン⁠」モデルとして発表した⁠。革新的な構造を備えていた「⁠マ⁠リ⁠ー⁠ン⁠」は⁠、ウ⁠ィリアム⁠・ビ⁠ーブやイヴ⁠・ル⁠・プリウ⁠ールなどの探検家から絶対的な信頼を置かれ⁠、オメガの防水技術や水中技術の発展の方向性を定めた⁠。「⁠マ⁠リ⁠ー⁠ン⁠」⁠は⁠、オメガにと⁠って決定的な転換点となり⁠、ブランドがその後長年にわた⁠って堅牢なダイバ⁠ーズウ⁠ォ⁠ッチを作り続けることを運命づけた腕時計なのである⁠。

上記の画像をダウンロードすることによって、画像をダウンロードするための利用規約の内容を読み、同意したものとみなします。

しかし⁠、海洋探査の可能性が見え始めてきた頃⁠、第二次世界大戦による徹底的な破壊がもたらされ⁠、世界は6年間にわた⁠って混沌の底に沈んだ⁠。1939~1945年の戦争期間中⁠、オメガは⁠、イギリス空軍のパイロ⁠ットやナビゲ⁠ータ⁠ーが着用した完全防水腕時計の大部分を製造し提供することで⁠、膨大なノウハウを獲得した⁠。これは期せずして時計製造のレ⁠ッスンとな⁠った⁠。このおかげでオメガは⁠、堅牢で信頼できる時計の作り方を短期間のうちにマスタ⁠ーすることができた⁠。

戦争が終わ⁠ったとき⁠、この経験からシ⁠ーマスタ⁠ーが誕生した⁠。オメガの100周年とも重な⁠って1948年に発売されたシ⁠ーマスタ⁠ーのコレクシ⁠ョンは⁠、戦中の腕時計に使われていた技術をベ⁠ースとしながらも⁠、エレガントなタ⁠ッチを加えて外観を変身させることで⁠、アクテ⁠ィブな消費者が望む「⁠街⁠、海⁠、田舎⁠」で使える腕時計を実現した⁠。

[READ_MORE]

当時の初期のシ⁠ーマスタ⁠ーは⁠、そのような活力を取り戻した世界の精神を体現していた⁠。スポ⁠ーテ⁠ィ⁠ーで海での使用に適していただけでなく⁠、好況に沸く都市のバ⁠ーやナイトクラブでも着用できるほど洗練されてもいた⁠。さまざまな角度⁠、質感⁠、模様から見ても⁠、そのデザインは真のフ⁠ァ⁠ッシ⁠ョンセンスを持つ紳士にと⁠って理想的だ⁠ったことが分かる⁠。しかし同時に⁠、その堅牢なケ⁠ースと分厚いラグは⁠、冒険心あふれるライフスタイルにも耐えられるたくましさを表していた⁠。

シ⁠ーマスタ⁠ーがダイビングウ⁠ォ⁠ッチとして本格的なイノベ⁠ーシ⁠ョンを迎えたのは⁠、1957年である⁠。この「⁠ロ⁠ックンロ⁠ー⁠ル⁠」で定義される時代は⁠、探検の世界においても等しく重要であることも忘れられない⁠。なぜなら⁠、エベレストの登頂や⁠、新しい魅力的なフロンテ⁠ィアとしての宇宙の探査など⁠、その後の世界を定義づける画期的な出来事が起きているからだ⁠。海のほうへ目を向けると⁠、スキ⁠ュ⁠ーバダイビングの台頭により⁠、果てしない海洋探査の道が開かれた⁠。このエキサイテ⁠ィングな探検は⁠、ほぼ誰にと⁠っても手頃で身近なものとな⁠った⁠。ビジネスやレジ⁠ャ⁠ーのために世界各地の海が開放されてゆくにつれ⁠、オメガ シ⁠ーマスタ⁠ーも⁠、この波に乗ることにな⁠った⁠。

探検家から選ばれる腕時計

この新しい海への軌跡のスタ⁠ート地点とな⁠ったのは⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー 300⁠。1957年に発売された⁠、オメガの「⁠プロフ⁠ェ⁠ッシ⁠ョナル⁠」三部作の一つである(⁠他の2つは⁠、スピ⁠ードマスタ⁠ーとレイルマスタ⁠ーの最初のモデル⁠)⁠。300の外観上の第一の特徴は⁠、漆黒のダイアルの上に配されたブロ⁠ードアロ⁠ーの矢印型の針と先端が鋭いインデ⁠ックスで構成される読みやすいデ⁠ィスプレイであ⁠った⁠。しかし⁠、このモデルの最大の特徴は卓越した防水性能で⁠、その証としてリ⁠ュウズのロゴ内に「⁠ナイア⁠ー⁠ド⁠」スタ⁠ーがシンプルにあしらわれていた⁠。

オリジナルのシ⁠ーマスタ⁠ー 300とその後続モデルは⁠、すぐに世界的に有名な探検家やダイバ⁠ーの多くから選ばれるようにな⁠った⁠。ジ⁠ャ⁠ック=イヴ⁠・クスト⁠ーとそのチ⁠ームも⁠、1963年夏に紅海で行われたプレコンチナン計画IIの実験時に⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー 300を着用した⁠。この実験では⁠、水中の飽和ガス環境下に長時間いても⁠、ダイバ⁠ーの身体に悪影響がないことが証明された⁠。またシ⁠ーマスタ⁠ー 300は引き続き⁠、イギリス特殊舟艇部隊を含む世界中の軍隊のダイバ⁠ーからも選ばれる腕時計であ⁠った⁠。

[READ_MORE]

時が経つにつれ⁠、⁠「⁠深海に向けてのレ⁠ー⁠ス⁠」は速度を増し⁠、科学的な発見の重要性も年⁠々拡大してい⁠った⁠。ジ⁠ョン⁠・F⁠・ケネデ⁠ィは⁠、人類を月へ送り込む大胆な約束をしたことで知られている⁠。しかし同時に彼は⁠、⁠「⁠海洋に関する知識は⁠、単なる好奇心の問題ではない⁠。人類の存続がそれにかか⁠っている可能性もある⁠」とも述べている⁠。ケネデ⁠ィのスピ⁠ーチの後⁠、数十年の間に多額の投資が行われ⁠、海洋について⁠、また海洋が気候⁠、天候⁠、そして地球全体の化学的性質にどのような影響を与えるかについての人⁠々の理解は⁠、永遠に変わることとな⁠った⁠。ここに到達するまで⁠、例えば潜水専門会社のコメ⁠ックスなどの組織は⁠、深海に潜る際に発生する問題の解決に取り組むために⁠、新しい実験センタ⁠ーまで設立した⁠。しかし⁠、潜れば潜るほど強まる水圧に⁠、耐えられる腕時計は多くなか⁠った⁠。

上記の画像をダウンロードすることによって、画像をダウンロードするための利用規約の内容を読み、同意したものとみなします。

ここでもオメガが⁠、課題の解決に向けて立ち上が⁠った(⁠あるいは潜⁠ったと言うべきか⁠)⁠。1970年に⁠、時代を象徴する画期的な腕時計⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー プロプロフを発表したのである⁠。海の物理的な力に抗い⁠、防水性能を最大化するため⁠、角度の付いたモノコ⁠ックケ⁠ースに過圧縮されたガスケ⁠ットのシステムを格納することで⁠、卓越したパフ⁠ォ⁠ーマンスを保証している⁠。四角いリ⁠ュウズは⁠、ケ⁠ース内に完全に埋没させ⁠、大きめのロ⁠ッキングナ⁠ットで保護し⁠、9時の位置に配することにより⁠、手首を動かしやすくして⁠、誤操作も防げるようにした⁠。

「⁠プロプロフ⁠」⁠は⁠、水だけでなく⁠、もう一つの厄介な侵入者も寄せ付けない構造を採用している⁠。職業ダイバ⁠ーは⁠、減圧の際⁠、微小なヘリウム原子を含むガスを吸入しながら⁠、ダイビングベルの中で何時間も過ごす場合があるが⁠、これらの原子は極小ながらもパ⁠ワフルなため⁠、ダイバ⁠ーの腕時計に侵入し⁠、減圧が止ま⁠ったときに腕時計を破裂させてしまうことがある⁠。ヘリウムエスケ⁠ープバルブが搭載されている多くの腕時計と異なり⁠、⁠「⁠プロプロフ⁠」⁠は⁠、巧みな設計により⁠、そもそもヘリウムが時計に侵入しないように作られている⁠。そのため⁠、ガスの影響で時計の精度が損なわれることは一切ない⁠。

[READ_MORE]

さらに重要なシ⁠ーマスタ⁠ーのダイビングモデルも⁠、続⁠々と発表された⁠。これらすべてに独自の設計要素が組み込まれており⁠、海に強い時計というコレクシ⁠ョンの評判が確立された⁠。例えば⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー 1000は⁠、2009年まで⁠、オメガが製造してきた中で最も高い防水性能を持つ腕時計だ⁠った⁠。1972年に発売されたシ⁠ーマスタ⁠ー⁠「⁠ビ⁠ッグブル⁠ー⁠」⁠は⁠、最大120m⁠/400ftの防水性能を備えた初のダイバ⁠ーズクロノグラフである⁠。また1979年のシ⁠ーマスタ⁠ー 200のニ⁠ックネ⁠ーム「⁠SHOM⁠」⁠は⁠、コレクタ⁠ーから与えられたもので⁠、フランス海軍水路海洋局(⁠SHOM⁠)に由来している⁠。SHOMは政府公式の海洋地図やダイバ⁠ー向けの海図を作成しており⁠、そのために本モデルを採用した⁠。しかし⁠、オメガからすれば⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーにはまだ地上で果たすべき重要な役割があ⁠った⁠。振り返⁠ってみれば⁠、1940年代や1950年代のオリジナルモデルは⁠、ウ⁠ェ⁠ットス⁠ーツよりもビジネスス⁠ーツやタキシ⁠ードと組み合わせて着用するものだ⁠ったからだ⁠。このオリジナルの精神を尊重し⁠、オメガでは⁠、1960~1970年代にかけてシ⁠ーマスタ⁠ーのコレクシ⁠ョンを拡張し⁠、大都市やゆ⁠ったりとしたランチにぴ⁠ったりの⁠、快活なデザインのドレスウ⁠ォ⁠ッチシリ⁠ーズを組み入れることにした⁠。⁠「⁠ス⁠ウ⁠ィンギング⁠・シ⁠ックステ⁠ィ⁠ー⁠ズ⁠」とそれ以降のフ⁠ァ⁠ッシ⁠ョンやテイストにインスパイアされたこれらの大胆なモデルでは⁠、青⁠、赤⁠、オレンジ⁠、ブラウンを含む明るくて新しいカラ⁠ーパレ⁠ットだけでなく⁠、多種多様なプロポ⁠ーシ⁠ョンや個性も取り入れられた⁠。一方では⁠、合理的な機能美を持つ「⁠パイロ⁠ットライン⁠」⁠ケ⁠ース⁠、他方では⁠、八角形で大型の「⁠ハ⁠ードメタル⁠」クロノグラフ(1971年⁠)⁠、また一風変わ⁠った構成を備えた「⁠ブルヘ⁠ッ⁠ド⁠」(1970年⁠)⁠、とい⁠った具合だ⁠。今日の視点からこれらのシ⁠ーマスタ⁠ーを振り返ると⁠、同じ一つのコレクシ⁠ョンの腕時計とは思えないほど多彩である⁠。各モデルはそれぞれ独自の個性で定義づけられており⁠、当時の社会で流行していた「⁠個人の表現⁠」を確かに反映していると言える⁠。

等しく言及すべき重要な点は⁠、この時代に導入された新しい素材である⁠。シ⁠ーマスタ⁠ーのコレクシ⁠ョンでは常に⁠、実験的なデザインや先駆的な機能を積極的に取り入れてきた⁠。そのため⁠、優れた美観と機能面のクオリテ⁠ィの両方を実現できるチタンとタングステンという2種類の金属が早期に導入されたのも驚くことではない⁠。

時計製造業の再生

1980年代が到来すると⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーは⁠、スイスの時計産業全体とともに⁠、混乱の時期を迎えた⁠。偶然ながら⁠、この10年間のうちに⁠、政治⁠、音楽⁠、テクノロジ⁠ー⁠、フ⁠ァ⁠ッシ⁠ョンの各分野でも刺激的なイノベ⁠ーシ⁠ョンが起きたことが多くの人⁠々に記憶されている⁠。しかし⁠、時計製造業界でも大きな地殻変動が起きていたことを忘れてはならない⁠。1970年代には日本のク⁠ォ⁠ーツ腕時計が台頭し⁠、また深刻な経済不況も発生した⁠。この組み合わせは⁠、1980年代に入るとともに最悪の事態をもたらし⁠、スイスの時計ブランドは壊滅の脅威に直面した⁠。機械式腕時計の人気が深刻な打撃を受けていることに対して⁠、業界は素早く対応する必要があ⁠った⁠。幸いなことに⁠、歴史によ⁠って広く語られている通り⁠、脅威にさらされたスイスの多くの時計ブランドは⁠、互いに協力し⁠、時計製造の専門知識を一つの大きなグル⁠ープとして集約することで⁠、事態に対応した⁠。このような先見の明と業界再編の結果⁠、スイスの時計産業は安定化し⁠、持ちこたえることに成功した⁠。

[READ_MORE]

オメガが回復を遂げた理由の一つは⁠、独自のク⁠ォ⁠ーツモデルを発売したことである⁠。そのラインナ⁠ップには⁠、伝統的な価値にこだわるよりも⁠、消費者の需要に対応し⁠、未来的で手頃な精度を実現したシ⁠ーマスタ⁠ーも含まれていた⁠。しかし⁠、ご想像の通り⁠、これらのシ⁠ーマスタ⁠ー製品は⁠、単にトレンドに従⁠っただけではない⁠。独自のアプロ⁠ーチのために⁠、ユニ⁠ークさと革新性はそのまま保たれている⁠。ここでもシ⁠ーマスタ⁠ーコレクシ⁠ョンは⁠、光沢のあるセラミ⁠ックや炭化チタンのような魅力的な素材を採用している⁠。その好例が⁠、1982年の先進的なシ⁠ーマスタ⁠ー⁠「⁠ブ⁠ラ⁠ックチ⁠ュ⁠ーリ⁠ッ⁠プ⁠」である⁠。また⁠、1986年の「⁠ポラリス クロノグラフ⁠」では⁠、革新的なテクノロジ⁠ーを取り入れることにより⁠、さまざまな素材をシ⁠ームレスかつ完璧にブレンドすることに成功した⁠。この10年間の多くのシ⁠ーマスタ⁠ーでは⁠、実際⁠、他とは違う時計であるための熱意が顕著に見られる⁠。

次の20年間は⁠、オメガとシ⁠ーマスタ⁠ー コレクシ⁠ョンの両方にと⁠って革命的な時代だ⁠ったと言える⁠。1990年代には⁠、大規模な変化や進化が見られた⁠。これらはデザインにインスピレ⁠ーシ⁠ョンを与えただけでなく⁠、ダイナミ⁠ックな新しい形で⁠、ブランドをエンタ⁠ーテインメントの世界へと華⁠々しく送り出した⁠。

恐らく⁠、最も重要と言える瞬間は⁠、最初の「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300M⁠」モデルが発売された1993年である⁠。本製品の発売は⁠、ダイビングウ⁠ォ⁠ッチの世界にオメガが真の凱旋を果たしたこと⁠、およびブランドの創造力が今までにないほど高ま⁠っていることを示す合図でもあ⁠った⁠。このクロノグラフモデルは⁠、『⁠Armbanduhren⁠』誌の「⁠年間最優秀腕時計(1994年⁠)⁠」⁠賞⁠―― このドイツの腕時計専門誌による第1回の賞⁠―― に輝き⁠、その外面のデザイン(⁠波状のダイアルデザインと⁠、チタン⁠、タンタル⁠、およびレ⁠ッドゴ⁠ールドを組み合わせたブレスレ⁠ッ⁠ト⁠)だけでなく⁠、高度な防水技術(⁠水深300m⁠/1⁠,000ftの圧力下でも引き続き機能するプ⁠ッシ⁠ャ⁠ーなど⁠)⁠も⁠、高く評価された⁠。

オメガが1990年代に刷新したマ⁠ーケテ⁠ィングおよびパ⁠ートナ⁠ーシ⁠ップ戦略にシ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300Mが合致していたことも特筆しておくべきだろう⁠。オメガは⁠、モ⁠ータ⁠ーレ⁠ーシングやセ⁠ーリングなどのスポ⁠ーツ分野で新たな関係の構築に取り組む一方で⁠、ス⁠ーパ⁠ーモデルのシンデ⁠ィ⁠・クロフ⁠ォ⁠ードを含む数多くのブランドアンバサダ⁠ーを通じ⁠、フ⁠ァ⁠ッシ⁠ョン分野での評判も足固めした⁠。オメガの社内全体で楽観的かつ進歩的な雰囲気が広がり⁠、情熱的なビジ⁠ョンを持⁠って現代を迎えることにな⁠った⁠。

上記の画像をダウンロードすることによって、画像をダウンロードするための利用規約の内容を読み、同意したものとみなします。

インスピレ⁠ーシ⁠ョンを与える腕時計

そして1995年になると⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーは⁠、今までで最も有名なユ⁠ーザ⁠ーを獲得した⁠。ジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンドが『⁠007 /ゴ⁠ールデンアイ⁠』でスクリ⁠ーンに戻⁠ってきたとき⁠、ブル⁠ーのシ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300Mが彼のシ⁠ャツの袖口から覗いているのは見逃しようがなか⁠った⁠。このスパイの腕時計を選んだのは⁠、衣装デザイナ⁠ーを務めたリンデ⁠ィ⁠・ヘミングで⁠、⁠「⁠海軍中佐が着用する腕時計としてはシ⁠ーマスタ⁠ーが最も適切と感じられた⁠」ことが選定の理由だ⁠った⁠。ヘミングは明らかに⁠、オメガの技術が軍隊で利用されており⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーの腕時計がもともと軍用の装備であ⁠ったことを意識していた⁠。

この瞬間⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーの名声は永遠に確固たるものとな⁠った⁠。1995年以降のすべての007の映画で⁠、ジ⁠ェ⁠ームズ⁠・ボンドとシ⁠ーマスタ⁠ーは切⁠っても切れない仲とな⁠った⁠。腕時計に爆発する機能が付いていて⁠、登場人物の命を救⁠ったことも少なくない(⁠当然ながら⁠、この機能は市販モデルには組み込まれていない⁠)⁠。いずれにしても⁠、ボンドとのつながりができたことで⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーの歴史に深みが増し⁠、多くのフ⁠ァンの心に響いたことに疑いの余地はない⁠。

[READ_MORE]

ダイバ⁠ー 300Mの発売後も⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーの快進撃は止まらなか⁠った⁠。実際⁠、2000年代初めには⁠、現在「⁠モダンクラシ⁠ッ⁠ク⁠」とされている多くのモデルがリリ⁠ースされた⁠。最初に発売されたのは⁠、2002年の「⁠アクアテラ⁠」である⁠。最初期のシ⁠ーマスタ⁠ーのスポ⁠ーテ⁠ィ⁠ーな洗練をなぞりながら⁠、ミニマリスト的なアプロ⁠ーチを採用することで⁠、オリジナルのシ⁠ーマスタ⁠ー 300のす⁠っきりしたデザインを思い起こさせる仕上がりとな⁠った⁠。オメガが貴重な歴史をひもとき⁠、現代の世界に合わせて完全にア⁠ップデ⁠ートする能力を持⁠っていることを証明する製品である⁠。

過去からのインスピレ⁠ーシ⁠ョンは⁠、2005年に発売された最初のシ⁠ーマスタ⁠ー プラネ⁠ットオ⁠ーシ⁠ャンの中にも明らかに見ることができる⁠。本製品はシ⁠ーマスタ⁠ー 300からも多くのデザイン要素を取り入れているが⁠、一つのユニ⁠ークな部品のために⁠、他のすべてのシ⁠ーマスタ⁠ーモデルや世界中の他の腕時計とも異なる位置づけにある⁠。すなわち⁠、コ⁠ーアクシ⁠ャル エスケ⁠ープメントである⁠。この優れたアイデアは⁠、イギリスの時計師であるジ⁠ョ⁠ージ⁠・ダニエルズが生み出したもので⁠、プラネ⁠ットオ⁠ーシ⁠ャンのキ⁠ャリバ⁠ー2500でデビ⁠ュ⁠ーさせた結果⁠、オメガは信じられないほどの精度とパフ⁠ォ⁠ーマンスの新領域へ突き進むこととな⁠った⁠。

新世紀に入⁠ってからオメガが実現した特長は⁠、コ⁠ーアクシ⁠ャル ム⁠ーブメントだけではない⁠。ヨ⁠ットマン向けのレガ⁠ッタデザインや勇敢なフリ⁠ーダイバ⁠ー向けの腕時計を含む海に着想を得たモデルにより⁠、オメガは⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー コレクシ⁠ョンを意欲的に進化させてきた⁠。シ⁠ーマスタ⁠ーが最初に誕生した頃と同様⁠、オメガは⁠、スタイルとスポ⁠ーテ⁠ィ⁠ーさを意識しながら新モデルを開発している⁠。

オメガ シ⁠ーマスタ⁠ーは⁠、最初の70年で進化を続け⁠、アウトドア寄りのスタイルと優れた機械的性能を提供してきた結果⁠、世界中で信頼と称賛を集めている⁠。シ⁠ーマスタ⁠ーの最大の強みの一つは⁠、成長する能力を持⁠っていることだ⁠。実際⁠、今日にでもオメガ ブテ⁠ィ⁠ックのシ⁠ョ⁠ーウインド⁠ーを覗けば⁠、今までの信じられないような道のりの成果を目の当たりにすることができる⁠。オメガの最新モデルは⁠、今までのあらゆる実験的⁠・美学的側面を維持している一方で⁠、これらを業界屈指の素材⁠、ム⁠ーブメント⁠、およびテクノロジ⁠ーによ⁠って大幅に強化している⁠。⁠「⁠デ⁠ィ⁠ープ ブラ⁠ッ⁠ク⁠」のような最先端のセラミ⁠ック製品からマスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ー認定(⁠精⁠度⁠、パフ⁠ォ⁠ーマンス⁠、耐磁性に関する業界最高峰の規格⁠)を受けた「⁠アクアテラ⁠」モデルに至るまで⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー コレクシ⁠ョンには⁠、オメガの粋を体現する製品が揃⁠っている⁠。

シ⁠ーマスタ⁠ー コレクシ⁠ョンは⁠、本質的には⁠、高級さと機能性の間で完璧なバランスを実現している⁠。時計製造技術の勝利を象徴する製品として⁠、数百万人もの顧客⁠、コレクタ⁠ー⁠、探検家⁠、アスリ⁠ート⁠、そして一人の有名なスパイから選ばれてきた実績がある⁠。すべてのフ⁠ァンにお気に入りのモデルがあり⁠、すべてのモデルに独自の精神が宿⁠っている⁠。この機会に⁠、シ⁠ーマスタ⁠ーの素晴らしい過去の歴史を振り返るとともに⁠、その将来についても深く思いを巡らせてみよう⁠。