Skip to content
OMEGA constellation constellation deville deville straps straps seamaster seamaster speedmaster speedmaster baselworld2017 baselworld2017 baselworld2018 baselworld2018 starmen starmen スペシャル スペシャル
戻る

The SHOM

「⁠オメガ ライフタイム⁠」より抜粋 - オ⁠ーシ⁠ャン エデ⁠ィシ⁠ョン


金庫室の宝物

公式オメガ ミ⁠ュ⁠ージアムの神聖な金庫室を徹底的に調べ⁠、 伝説のシ⁠ーマスタ⁠ー200がいかにして 謎めいた「⁠SHOM⁠」の名を手に入れたのかを明らかにする⁠。

1960年代⁠、70年代を通して⁠、オメガは最高の水中用の時計の幾つかを作り出した⁠。⁠「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー プロフ⁠ェ⁠ッシ⁠ョナル⁠」という称号は多くの伝説的なダイバ⁠ーズウ⁠ォ⁠ッチに与えられてきたが⁠、よく知られたニ⁠ックネ⁠ームは常にオメガの伝説の不可欠な要素であ⁠った⁠。シ⁠ーマスタ⁠ー300に始まり⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー600プロプロフ(⁠フランス語でプロのダイバ⁠ーを意味するプロンジ⁠ュ⁠ール プロフ⁠ェ⁠ッシ⁠ョネルに由来⁠)⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー1000(⁠その形状と1⁠,000m⁠/330ftの防水深度からついた二つ名は「⁠ザ⁠・グランド⁠」⁠)⁠、そしてシ⁠ーマスタ⁠ー オ⁠ートマテ⁠ィ⁠ック 120mクロノグラフ⁠、別名「⁠ビ⁠ッグブル⁠ー⁠」に至るまで⁠。こうい⁠ったモデルの多くは⁠、オメガのシグネチ⁠ャ⁠ーである「⁠パイロ⁠ットライン⁠」のオ⁠ーバルケ⁠ースデザインを取り入れているが⁠、この系譜の最後を飾る一本は⁠、驚くほど力強く角張⁠ったケ⁠ースを採用している⁠。シ⁠ーマスタ⁠ー200⁠、熱烈なコレクタ⁠ーからは「⁠SHOM⁠」とも呼ばれるモデルである⁠。型番166⁠.0177、オメガの信頼できるキ⁠ャリバ⁠ー1012を搭載したこのモデルは⁠、1973年のバ⁠ーゼル⁠ワ⁠ールドで発表された⁠。Piquerez社によ⁠ってスウ⁠ェデ⁠ィ⁠ッシ⁠ュ⁠・ステ⁠ィ⁠ールのかたまりから削り出されたケ⁠ースのほか⁠、視認性の高いインデ⁠ックスとソ⁠ード型の針を備えたブラ⁠ックダイアルには⁠、防水深度200m⁠/660ftの文字がプリントされている⁠。

公式の刻印

このモデルは多くのダイバ⁠ーにより積極的に使用され⁠、6年を経た1979年頃⁠、そのニ⁠ックネ⁠ームが生まれた⁠。フランスの政府機関である⁠、海洋研究と公式海図や地図の発行を専門とする海軍水路海洋局(⁠SHOM⁠)がダイバ⁠ーズウ⁠ォ⁠ッチに興味を示したのである⁠。⁠「⁠SHOM⁠」は与えられた任務を非常に優秀にこなしたため⁠、後にフランスのあらゆる海洋関連の団体や機関で使用されることになる多くのアイテムの認定に貢献することにな⁠った⁠。手に入る全てのウ⁠ォ⁠ッチを検討し⁠、おそらく与えられた必要条件にこだわ⁠ったであろう「⁠SHOM⁠」はオメガに接近し⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー200について問い合わせた⁠。その結果⁠、公式に使用するため製品バ⁠ッチがまとめて直納されることにな⁠った⁠。ウ⁠ォ⁠ッチは正式に採用され⁠、ケ⁠ースバ⁠ックには「⁠SHOM⁠」の文字が刻まれたため⁠、当時市場に出ていた通常モデルと簡単に見分けることができた⁠。このようにして⁠、伝説的なシ⁠ーマスタ⁠ー⁠「⁠SHOM⁠」の名前が永遠に残ることとな⁠ったのである⁠。

フランス海軍

しかしこのモデルの名声は⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー200のフランス海軍「⁠公⁠式⁠」⁠ウ⁠ォ⁠ッチの多くに刻まれたもう一つの文字のおかげでさらに高まる⁠。⁠「⁠SHOM⁠」によ⁠って選ばれた上に⁠、フランス海軍もまた公式ウ⁠ォ⁠ッチとしてこのモデルを採用したのである⁠。これにより⁠、フランス海軍のダイバ⁠ー部隊で使用される公式ウ⁠ォ⁠ッチとして⁠、別の製品バ⁠ッチが一括納入されることにな⁠った⁠。政府機関による公式認定を受けた全てのウ⁠ォ⁠ッチと同様に⁠、このウ⁠ォ⁠ッチにはケ⁠ースバ⁠ックに特別な「⁠MN 79⁠」の文字が刻まれた⁠。これがフランス海軍による正式な採用とその日付を示すという事実は⁠、シ⁠ーマスタ⁠ー200にと⁠ってさらなる名声への足掛かりとな⁠った⁠。