“⁠We⁠’ll see you on the other side - 裏側で会おう⁠”

戻る

アポロ8号の乗組員にと⁠って⁠、月軌道を周回した初めての人類となることは壮大な計画の一部でした⁠。しかし⁠、これを成し遂げて無事に帰還する確率はわずか50⁠%でした⁠。

この周回の先駆者となるためには⁠、宇宙船は人類の誰ひとりとして目にしたことがない謎に満ちた月の裏側(⁠ダ⁠ークサイド⁠)を飛行する必要がありました⁠。裏側の飛行中は⁠、地上管制とのすべての通信が失われます⁠。無線での連絡手段も断たれることで⁠、乗組員たちは彼らだけになることを知⁠っていました⁠。

“⁠We⁠’ll see you on the other side --- 裏側で会おう⁠。⁠”⁠「⁠ス⁠ピ⁠ードマスタ⁠ー ダ⁠ークサイド オブ ザ ム⁠ーン アポロ8号⁠」のケ⁠ースバ⁠ックに刻印されているこの特別な言葉は⁠、宇宙探査の歴史において最も重要な節目の一つである1968年のミ⁠ッシ⁠ョン時の言葉です⁠。

“⁠We⁠’ll see you on the other side - 裏側で会おう⁠”

ジム・ラヴェル

通信が途切れる数秒前⁠、司令船操縦士ジム⁠・ラヴ⁠ェルが地球に向か⁠って最後の言葉を告げました“⁠We⁠’ll see you on the other side --- 裏側で会おう⁠。⁠”その後35分52秒の間⁠、地上では何の音も聞こえませんでした⁠。緊迫した時間が続きましたが⁠、ついにアポロ8号の音声が無線から再び聞こえ⁠、月の裏側への初飛行が終了しました⁠。

宇宙船は⁠、20時間以上に渡⁠って月軌道を10回周回しました⁠。飛行中⁠、乗組員は遠くにある月の神秘的な表面や深い谷⁠、クレ⁠ータ⁠ー⁠、衝撃によ⁠ってできた穴に覆われたごつごつした地形を目にしました⁠。

アポロ8号は⁠、素晴らしい成功であると称賛されました⁠。乗組員たちは⁠、『⁠TIME⁠』誌により“⁠メン⁠・オブ⁠・ザ⁠・イヤ⁠ー⁠”に選ばれました⁠。50年を経た現在でも⁠、オメガは彼らの勇気と⁠、もちろん彼らの言葉も称えます⁠。

スピ⁠ードマスタ⁠ー ダ⁠ークサイド オブ ザ ム⁠ーン アポロ8号

スケルトン仕上げのダイアルと月の表面を美しく表現したム⁠ーブメントを搭載するこのクロノグラフを身につければ⁠、身近に宇宙を感じられます⁠。

ウ⁠ォ⁠ッチを見る