フ⁠ァ⁠ースト オメガ リスト-クロノグラフ リミテ⁠ッド エデ⁠ィシ⁠ョン

1913年⁠、オメガは世界初の腕時計型クロノグラフを制作し⁠、それ以降の時計製造業を大きく変化させました⁠。現在⁠、オメガはその重要な瞬間に立ち戻り⁠、その転換期以降に制作した18のオリジナルム⁠ーブメントを全面的にリニ⁠ュ⁠ーアルし⁠、特別コレクシ⁠ョンとして生まれ変わらせました⁠。

生まれ変わる歴史

外観はオメガの歴史を感じることができる⁠、人気の高い1913年製オメガ リスト-クロノグラフにとても良く似ています⁠。18個のリミテ⁠ッド エデ⁠ィシ⁠ョンには⁠、それぞれ1913年製オリジナルの18ライン クロノグラフ キ⁠ャリバ⁠ーが搭載されています⁠。オメガミ⁠ュ⁠ージアムに所蔵されていたこの貴重なキ⁠ャリバ⁠ーは⁠、オメガのアトリエ⁠・ト⁠ゥ⁠ールビヨンの職人によ⁠って⁠、一つ一つ繊細に修復されました⁠。

“⁠この有名な18ライン クロノグラフ キ⁠ャリバ⁠ーは⁠、オメガの初期のリスト-クロノグラフに使われていたものです⁠。⁠”

ム⁠ーブメント

数百時間におよぶ手作業によ⁠って⁠、それぞれの18ライン クロノグラフ キ⁠ャリバ⁠ーは新たな姿に生まれ変わりました⁠。このリニ⁠ュ⁠ーアルは⁠、オメガのアトリエ⁠・ト⁠ゥ⁠ールビヨンで過去実際に行われた時計製造方法と同じように⁠、オリジナルの機械を使い⁠、熟練した技術を要する工程によ⁠って行われました⁠。

ム⁠ーブメントの修復

“ 105歳のム⁠ーブメントに⁠、今⁠、第二の人生が与えられました⁠。⁠”

エナメル製ダイアル

この優れた視認性を備えたダイアルデザインは⁠、特にその15分積算計によ⁠って⁠、第一次世界大戦中に飛行士たちに人気となりました⁠。 オメガではこのリミテ⁠ッド エデ⁠ィシ⁠ョンのために⁠、驚くべき技術力を駆使し⁠、デ⁠ィテ⁠ールにまでこだわ⁠ったその外観を再び作り出しました⁠。

ダイアルの製作

“⁠オメガではこのタイムピ⁠ースのデザインに⁠、本物のヴ⁠ィンテ⁠ージのロゴを使用しています⁠。⁠”

ケ⁠ース

光沢のあるケ⁠ースを作り出すために⁠、18Kホ⁠ワイトゴ⁠ールドが使用されています⁠。このケ⁠ースは⁠、裏蓋が開いて内部のム⁠ーブメントを眺めることができるようにな⁠っています⁠。また⁠、リ⁠ュウズ⁠、プ⁠ッシ⁠ュボタン⁠、中央のセンタ⁠ー針には⁠、18Kセドナ™ゴ⁠ールドも使われています⁠。

プレゼンテ⁠ーシ⁠ョン

各クロノグラフは⁠、ハンドメイドの特製レザ⁠ートランク型ボ⁠ックスに収納されています⁠。ノヴ⁠ァナ⁠ッパのゴ⁠ールドおよびバ⁠ーガンデ⁠ィの2本の交換用レザ⁠ーストラ⁠ップ⁠、ストラ⁠ップ交換ツ⁠ール⁠、ル⁠ーペ⁠、トラベルポ⁠ーチが収納されています⁠。

全体の仕上がり

この極めて特別なタイムピ⁠ースは⁠、直径47⁠.5㎜で⁠、18Kホ⁠ワイトゴ⁠ールドのリベ⁠ットが付いたノヴ⁠ォナ⁠ッパ ブラウン レザ⁠ーストラ⁠ップが取り付けられています⁠。このホ⁠ワイトエナメル製ダイアルは⁠、白抜きにな⁠ったアラビア数字⁠、ブル⁠ーの“⁠エンパイア⁠”⁠針⁠、1913年のオリジナルモデルと同じ“⁠ミリタリ⁠ー⁠”デザインを備えています⁠。

ウ⁠ォ⁠ッチを見る