スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール

伝説の「オメガ スピードマスター」は、6回の月面着陸プロジェクトで活躍した、世界中で最もアイコニックなタイムピースのひとつです。このステンレススティール製モデルには、クロノグラフの類まれな宇宙の歴史における陰の立役者の、有名なキャリバー321が搭載されています。

スティールのレジェンド

宇宙飛行士エド・ホワイトが1965年の米国初の宇宙遊泳で着用したモデルと同じ、第3世代のスタイルからインスピレーションを得たこの39.7mmのモデルは、ポリッシュ仕上げのブラックセラミック[ZrO2]製のベゼルリングやホワイトエナメルのタキメータースケール、段差を設けたブラックダイアルが特徴です。ダイアルには、ムーンウォッチスタイルの針とオメガのヴィンテージロゴを配しています。

ウォッチを見る

“「スピードマスター」の歴史へのさらなるオマージュとして、スティール製キャリバー321のベゼルにはクラシカルな「ドットオーバー90」(90の数字の上にドット)も配されています”

オメガ キャリバー 321

キャリバー321は、今もなお世界中のコレクターの間で高い人気を誇ります。その変わらない人気へ敬意を表し、オメガは専用の工房で入念な研究と再構築を行いました。現在、製造における最後の最盛期から50年以上を経て、キャリバー321は当初の仕様に沿って復活を遂げています。

  • 55時間 パワーリザーブ
  • 手巻き

“手に入れたい有名なムーブメントは何か、と腕時計ファンに問えば、彼らの多くはきっとオメガのキャリバー321と答えるでしょう”

ムーブメントの進化
  • オリジナルのキャリバー321

    27 CHRO C12の後継モデルは進化したクロノグラフです。1949年に名付けられ、コレクターに人気を博した精緻なコラムホイールを継承しています。キャリバー321は、有人飛行の全計画での使用をNASAに認定された「スピードマスター」に搭載されたほか、アポロ11号の宇宙飛行士たちが着用したクロノグラフを駆動しました。

  • 次のステップ – キャリバー861

    1968年から1997年まで使用されたキャリバー861は、平らなヒゲゼンマイや、コラムホイールより高い均一性を実現するシャトルカムの採用など、多くの改良が加えられました。オメガはまた、振動数を21,600回/時にあげることで、精度を向上させました。

  • ロジウムプレート加工の1861

    多くの「ムーンウォッチ」モデルに搭載されたキャリバー861から進化を遂げたキャリバー1861は、ロジウムプレート加工によって安定性が向上しました。振動数やシャトルカム、クロノグラフ秒車の歯を保護するためのDelrin®製クロノグラフブレーキはキャリバー861と同じものが採用されています。

  • キャリバー3861 - マスター クロノメーター

    キャリバー1861と全く同一のサイズで、マスター クロノメーターに認定されるキャリバーの製造には4年の歳月を要しました。2019年に発表されたキャリバー3861は、パワーリザーブ、性能、耐磁性が向上し、オメガの革新的なコーアクシャル エスケープメントとSi14シリコン製ヒゲゼンマイを搭載しています。

  • 復活したキャリバー321

    オメガは2年以上完全に内密の状態で作業をすすめ、このムーブメントを世に送り出しました。専門家チームはキャリバー321の第2世代を参考に、“トモグラフィー”(デジタルスキャニング)を活用した、宇宙飛行士ユージン・サーナンがアポロ17号の任務の際に着用した「スピードマスター」の内部の確認を始めとする、膨大な歴史の研究を行いました。

“1965年の米国初の宇宙遊泳で着用しされたモデルと同じ、「スピードマスター」第3世代のスタイルからインスピレーションを得ています。”

スティール製キャリバー321のクローズアップ

キャリバー321の歴史の概要では、ムーンウォッチとその有名なムーブメントに関する興味深い出来事をご紹介します。このステンレススティール製モデルが伝説になった理由をご覧下さい。
 

ウォッチを見る

初めてのプラチナ製キャリバー321

オメガの復活したキャリバー321を搭載する、初めてのウォッチをご覧ください。ゴールドを使用した特殊なプラチナ合金(Pt950Au20)から作られたこのモデルは、ブラックセラミック[ZrO2]製ベゼルとホワイトエナメルのタキメータースケールを備えます。

ウォッチを見る