スピ⁠ードマスタ⁠ー ダ⁠ークサイド オブ ザ ム⁠ーン アポロ8号

1968年⁠、アポロ8号の乗組員は人類で初めて月の裏側を目にしました⁠。それから50年後⁠、オメガはそのミ⁠ッシ⁠ョンを記念して⁠、満を持してこのクロノグラフを発表します⁠。このモデルのダイアルは⁠、内部の動きが見えるように精巧なスケルトン仕上げにな⁠っています⁠。これまでのダ⁠ークサイド モデルと違い⁠、オメガの有名なム⁠ーンウ⁠ォ⁠ッチ キ⁠ャリバ⁠ー1861に特別な装飾を施している点が特徴です⁠。

いつも手元に月を感じて

小さな穴の空いたブラ⁠ックレザ⁠ーの間に⁠、イエロ⁠ーのラバ⁠ーを配したストラ⁠ップが付属するこのスピ⁠ードマスタ⁠ーには⁠、アポロ8号のパイオニア精神を表現した特徴的なデザインが採用されています⁠。全体に酸化ジルコニウムを原料とした光沢のあるブラ⁠ックセラミ⁠ックを用いました⁠。ダイアルは⁠、内部のブラ⁠ックカラ⁠ーのム⁠ーブメントが見えるように精巧なスケルトン仕上げにな⁠っています⁠。ム⁠ーブメントにはレ⁠ーザ⁠ー加工を施し⁠、リアルな月面を表現しました⁠。

⁠アポロ8号は⁠、このミ⁠ッシ⁠ョンで20時間以上に渡り⁠、10回月軌道を回りました⁠。これはまさに人類の偉業です⁠。⁠

カラ⁠ー

クロノグラフ針は光沢加工を施したイエロ⁠ーで⁠、タキメ⁠ータ⁠ーの目盛りとリ⁠ュウズにはホ⁠ワイトのス⁠ーパ⁠ールミノヴ⁠ァをコ⁠ーテ⁠ィングしています⁠。⁠「⁠Speedmaster⁠」と「⁠Tachymetre⁠」の文字には⁠、イエロ⁠ーが採用されています⁠。

ケ⁠ースバ⁠ック

"WE'LL SEE YOU ON THE OTHER SIDE--- 裏側で会おう" ―⁠― 透明なケ⁠ースバ⁠ックを囲むように⁠、アポロ8号の司令船操縦士ジム⁠・ラヴ⁠ェルの言葉が入⁠っています⁠。これは⁠、乗組員たちが月の裏側へと向かう時に口にした言葉です⁠。

⁠キ⁠ャリバ⁠ー 1869は⁠、有名なキ⁠ャリバ⁠ー 1861に特殊な装飾を施したものです⁠。⁠

表側

ダイアル面は⁠、明るい色合いでクレ⁠ータ⁠ーが広がる風景を描きだしており⁠、地球から見た月の表側を表現しています⁠。

裏側

ケ⁠ースバ⁠ックは宇宙飛行士だけが目にした月の裏側=ダ⁠ークサイドを表現しています⁠。また⁠、内部のキ⁠ャリバ⁠ー1869を余すところなく眺めることができます⁠。