THE SPEEDMASTER MOONWATCH CHRONOGRAPH

「オメガ スピードマスター」は、半世紀以上も前に誕生して以来、頑強で信頼性が高く、時代を超越したデザインを備えていることから、クラシックなクロノグラフの定義と呼ぶにふさわしいモデルになっています。1969年7月21日、月面で初めて着用されて以来、このモデルは、"ムーウォッチ"というニッネームで知られています。

ENHANCING A LEGACY

説的なオリジナルモデルにインスパイアされた「スピードマスター ムーウォッチ クロノグラフ」も高い評価を得ようとしています。オリジナルの「スピードマスター クロノグラフ」の重要な部分は一部そのままですが、世界中の人々が愛用するクロノグラフにまた新たなファンを魅了する特徴が備わっています。

...代表的な時計には通常3つのサブダイアルがついていますが、2つしかついていません。

A CLASSIC CHRONOGRAPH

「スピードマスター ムーウォッチ クロノグラフ」は、年「スピードマスター プロフェッショル」の特徴となってきた44.25mmステンレススティール製ケースを備えています。ステンレススティール製ブレスレットまたはブラックのレザーストラップが取り付けられたこの時計には、面取り加工が施されたブラックダイアル、転写されたホワイトのエレメント、ニス塗装が施されたホワイトの針が付属しています。ラックのベゼルには、おなじみのスピードマスターのタキメーターケールも付属しています。

AN INNOVATIVE DIAL LAYOUT

オリジナルの「オメガ スピードマスター」には3つのサブダイアルが付属していましたが、「スピードマスター ムーウォッチ クロノグラフ」には2つのサブダイアルしかありません。この際立った特徴は、3時位置の1つのサブダイアル上に12時間積算計と60分積算計を重ねて配置し、クロノグラフを容易かつ直感的に読み取ることを可能にするという革新的な方法によって実現されています。ダイアルの9時位置には引き続き、モールセコンド サブダイアルを備えています。

OMEGA CO-AXIAL CALIBRE 9300/9301

「スピードマスター ムーウォッチ クロノグラフ」の心臓部には、オメガ コーアクシャキャバー9300を搭載しています。18Kオレンジゴールド製モデルには、18Kレッゴールド製ヒゲゼンマイと特殊なラグジュリー仕上げを施したオメガ コーアクシャキャバー9301を搭載しています。どちらのクロノグラフの革新的な機械式ムーブメントも、ファア・クリスタルガラスのケーバックを通して見ることができます。

BOLD MATERIALS

ステンレススティール製モデルに加えて、「スピードマスター ムーウォッチ クロノグラフ」にはチタン製ケース、ラッカー仕上げブルーのダイアル、ルーのセラミック製ベゼルを備え、チタン製ブレスレットまたはブルーのレザーストラップのいずれかが付属したバージョンがあります。さらに人目をひく特徴として、18Kオレンジゴールド製ケースには、同素材のインデックスと針、ラックのダイアルが付属しています。このモデルには、ラックのレザーストラップが取り付けられています。