スピ⁠ードマスタ⁠ー CK 2998 リミテ⁠ッドエデ⁠ィシ⁠ョン

オリジナルの「⁠ス⁠ピ⁠ードマスタ⁠ー CK2998」は⁠、発表された1959年以来⁠、ヴ⁠ィンテ⁠ージ「⁠ス⁠ピ⁠ードマスタ⁠ー⁠」の中でも世界で最も人気を誇るモデルの一つとなりました⁠。このたびオメガは⁠、そのクラシ⁠ックなデザインにインスピレ⁠ーシ⁠ョンを受けた2⁠,998本限定の新しいタイムピ⁠ースを発表します⁠。

最高峰のデザイン

ケ⁠ースは直径39⁠.7mmのステンレスステ⁠ィ⁠ール製です⁠。軽いサンドブラスト仕上げを施したシルバ⁠ーダイアル上には⁠、3つのサブダイアルが配されています⁠。ブラ⁠ックの“⁠アルフ⁠ァ⁠”針と光沢のあるレ⁠ッドカラ⁠ーの秒針がミニ⁠ッツトラ⁠ックを一周します⁠。ドライバ⁠ースタイルのレザ⁠ーストラ⁠ップの内側にはホ⁠ワイトラバ⁠ーが配され⁠、パンチングを施した小さな穴からホ⁠ワイトラバ⁠ーがのぞくように仕上げています⁠。

⁠CK 2998は⁠、1962年に宇宙飛行士ウ⁠ォルタ⁠ー⁠・シラ⁠ーが着用し⁠、⁠「⁠宇宙へ行⁠った最初のオメガ ウ⁠ォ⁠ッ⁠チ⁠」となりました⁠。⁠

パルスメ⁠ータ⁠ースケ⁠ール

オリジナルのCK2998モデルでは⁠、タイミングベゼルを4種類(⁠タキメ⁠ータ⁠ー⁠、パルスメ⁠ータ⁠ー⁠、デシマル⁠、またはテレメ⁠ータ⁠ー⁠)の中から選ぶことができました⁠。新作のブラ⁠ックセラミ⁠ック製ベゼルには⁠、1分間の脈拍数が測定できるホ⁠ワイトエナメルのパルスメ⁠ータ⁠ースケ⁠ールが搭載されています⁠。

内側と外側

限定番号は⁠、オリジナルのシ⁠ーホ⁠ースのエンブレムとともにケ⁠ースバ⁠ックに刻印されています⁠。Ck2998の伝統は⁠、タイムピ⁠ースの内側にも見ることができます⁠。それはム⁠ーンウ⁠ォ⁠ッチの歴史に深く根差したム⁠ーブメント⁠、オメガ キ⁠ャリバ⁠ー1861です⁠。

モダン クラシ⁠ック

アルフ⁠ァ針⁠、左右対称のケ⁠ース⁠、そしてダ⁠ークカラ⁠ーのベゼル⁠。熱心な時計愛好家の方⁠々の中には⁠、オメガ CK2998を深く愛するフ⁠ァンが常に存在していますが⁠、オリジナルモデルの精神を再び宿した今回のア⁠ップデ⁠ートモデルは⁠、確実に新しいフ⁠ァンの心をもつかむことでし⁠ょう⁠。

ウ⁠ォ⁠ッチを見る