スピ⁠ードマスタ⁠ー “⁠ス⁠ピ⁠ー⁠デ⁠ィ チ⁠ュ⁠ーズデ⁠ー⁠”

この5年間、オンラインコミュニティ#SpeedyTuesdayのファンは世界中で増えて続けています。オメガはこのクロノグラフ愛好者の皆様に敬意を表し、スピードマスターのデザイン特性を融合させた、新たな限定モデルを発表しました。

宇宙開発の遺産

“スピーディチューデー”のデザインに影響を与える決定的なモデルは、1978年のオリジナル「スピードマスター アラスカプロジェクトIII」す。宇宙空間でも読み取りやすく、反射のないウォッを、というNASAからの要望に応えて誕生した時計です。“スピーディチューデー”モデルは、マットなブラッシュ仕上げのステンレススティール製ケーと、大きめの数字を放射状に配置した“ラディアル サブダイアル”によって、視認性が良いという特徴を忠実に再現していす。

1978

2017

“ラディアル サブダイアルの復活は、このモデルのヴィテージ要素のひとつす。

「⁠逆パンダ⁠」ダイアル

ダイアルのデザインにも、過去のモデルからのインスピレーションが反映されています。1966年に初登場した「逆パンダ」の復活です。ブラックダイアル上にホワイトオパーリンシルバーのサブダイアルが置かれ、これをマットブラック アルミニウム製のベゼルとタキメータースケールが囲みます。ダイアル上には珍しいヴィンテージのオメガロゴが配され、すべてのマーカーとラディアル サブダイアルには鮮やかな発光塗料が塗布されています。

“直径42 mmのケーは、宇宙空間で着用するスピードマスターのために反射防止性能を備えています”

クラシ⁠ックなム⁠ーブメント

「スピードマスター “スピーディチューデー”」には、手巻きキャバー1861が搭載されています。これはNASAの宇宙飛行士が月面で着用したタイムピースに搭載されたムーブメントと実質同じものですが、上質なロジウムめっき仕上げが施され、ピードマスターの進化の代表的なひとつの要素として知られていす。

特有のデ⁠ィ⁠テ⁠ール

ダイアルを保護しているのは、中央にオメガのロゴを施したドーム型ヘサライトクリスタルです。ケーバックにはアイコニックなシーホースのエンブレムが刻まれ、周囲に「SPEEDY TUESDAY ANNIVERSARY - A TRIBUTE TO ALASKA PROJECT III」の文字と限定エディション番号が刻印されています。外周には「RADIAL」の文字も刻まれています。そして、ヴィテージ カットとステッチを施したブラウンのレザーストラップが付属していす。

“ポリッシュ仕上げを施したヴィテージのオメガロゴは、マット仕上げのリュウズにも見ることができます”

特製ケ⁠ース

“スピーディチューデー”モデルは、ザー製のスペシャローケースに収められ、ループ部分に#SpeedyTuesdayと刻印されたブラック&ホワイトのNATOストラッと、ストラップ交換ツールが付属します。

スタイリ⁠ッ⁠シ⁠ュなリミテ⁠ッド エデ⁠ィ⁠シ⁠ョン

“スピーディ チューズデー”モデルは、そのオンラインコミュニティが始まった年を記念し、2012本限定となっています。42mmのケースには、中央にオメガのロゴが入ったドーム型のヘサライトクリスタルを採用し、ヴィンテージ調バックルとステッチがアクセントのブラウンのヴィンテージカット レザーストラップが付属しています。
詳細を見る