THE SPEEDMASTER "WHITE SIDE OF THE MOON"

オメガは今回、宇宙飛行士が宇宙から見た月ではなく、地球から見える月の輝きに着想を得た、う一つの革新的なタイムピース「オメガ スピードマスター ホワイトサイド オブ ザ ムーン」を自信を持って発表します。

A DASH OF COLOUR

酸化ジルコニウムを使用したホワイトセラミック製ダイアルには、18Kホワイトゴールド製の針とアプライド インデックスが配されています。中央のクロノグラフ秒針の赤い先端が、ダイアル中央にプリントされたコレクション名の赤と調和を奏でています。

...サテン仕上げとポリッシュ仕上げの44.25mmホワイトセラミック製ケース…”

CERAMIC CREATION

この人目を引くクロノグラフは、オメガがフルセラミッケースを採用した3つ目のタイムピースです。サテン仕上げとポリッシュ仕上げの44.25mmホワイトセラミック製ケーに、窒化クロム処理を施したマットなタキメーターケールが搭載されたポリッシュ仕上げのホワイトセラミック製ベゼル、リッシュ仕上げのセラミック製プッシャーを備えています。

AN INNOVATIVE PROCESS

タイムピースの原材料はセラミックパウダーす。ケースの形にプレス成形された後、適切なサイズに収縮するまで焼結されます。続いて、ダイヤモンドツールで機械加工され、ケースに印象的な表情を与えるエッジと溝が刻まれます。ここに、「スピードマスターレーサイド オブ ザ ムーン」の場合はもう一工程が加わります。20,000℃まで昇温されたプラズマ加熱室で、ケースのセラミックをホワイトからグレーに変身させるのです。

TWO DAZZLING CHOICES

セラミック製ベゼルにタキメーターケールを備えたクラシカルな「ホワイトサイド オブ ザ ムーン」に加えて、オメガはPt850プラチナ リキッドメタル®に74個のダイヤモンドをセットしたモデルを発売します。この上なくラグジュリーなスピードマスターの誕生です。