スクリーン レジェンド

オメガの卓越性と取り組みの価値は、最も才能あるスクリーンのスターたちによって、演技の世界のあらゆるところで体現されています。作品へ傾ける情熱と同様に、彼らの世界的な問題への真剣な取り組みは、オメガが求め続けるクオリティの基準とぴったりと一致しています。

ジョージ・クルーニー

ジョージ・クルーニーはこれまで、オスカーにおいて6つの異なるカテゴリーにノミネートされてきました。これは彼の驚くべき多様性と、映画作品における影響力を証明しています。2度のアカデミー賞受賞者であると同時に、献身的な人道主義者でもある彼は複数の主張を提唱し、国連ピース・メッセンジャーとして指名されていました。オメガの時計は長きに渡ってクルーニー家の伝統となっており、ジョージは宇宙探検や月に旅した「スピードマスター」に対する生涯の情熱についてしばしば語っています。

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマンは、世界で最も尊敬され、必要とされている女優の一人です。その能力とカリスマ性でオメガを虜にしてきた彼女は、キャラクターをドラマチックに描写することで、これまでに5つのゴールデングローブ賞と2つのエミー賞、1つのアカデミー賞を受賞してきました。ニコールはまた、子どもと女性の権利のために精力的な活動を展開しているほか、ユニセフオーストラリアと国連女性機関の親善大使という一面も持ち合わせています。世界中のレッドカーペットに登場する際、お気に入りであるオメガのヴィンテージ モデルを身に着けたニコールの姿をたびたび見ることができます。

ダニエル・クレイグ

伝説的なジェームズ・ボンド役で、ダニエル・クレイグは世界的な人気を誇る俳優、そして紛れもない国際的なスターの座へと上りつめました。スタイル、洗練、冒険という007を構成する要素を抑えた演技をしたことと同様に、ダニエルは出演する5本の007作品すべてでオメガの腕時計を身に着けたことでも知られています。熱心な時計のコレクターでもある彼は、オービス・インターナショナルと同組織が運営する「空飛ぶ眼科病院」を取り上げたオメガのドキュメンタリー映画『Through Their Eyes』に出演しました。

エディ・レッドメイン

エディ・レッドメインは、舞台と映画の両方における印象的な演技でスターダムを駆け上がりました。『博士と彼女のセオリー』でスティーヴン・ホーキング博士を演じ、名立たる演技賞を総なめにしただけでなく、ハリウッドのベストドレッサーの一人としての評判も手にしました。彼のクラシックな装いのセンスは、「グローブマスター」を始めとするオメガの不朽のデザインと完全にマッチし、その魅力を引き立て合います。