オメガとスペクタ⁠ー

オメガのアンバサダーを務めるダニエル・クレイグが、「007」シリーズ第24作目となる最新作で再びジェーズ・ボンドとしてスクリーンに登場します。今作では、007は悪の組織“スペクター”と自らの暗い過去に立ち向かいます。ボンドの腕に光るのはもちろん、オメガのタイムピース。20周年を迎えるパーナーシップを記念する誇らしきウォッチです。

ボンド中佐の2つの⁠「⁠シ⁠ーマスタ⁠ー⁠」

元海軍中佐であるボンドにふさわしい、オメガ「シーマスター」。映画『007 スペクター』で彼が着用しているのは2種類。珍しいロリポップのセンターセコンドにブラックとグレーのNATOストラップが特徴の限定生産「シーマスター 300」、そしてジェーズ・ボンドの衣装デザイナーであるリンディ・ヘミングスによって選ばれた“ブルーの「シーマスター アクアテラ 150M」です。

スクリ⁠ーンシ⁠ョ⁠ット

M16のグラマラスな存在

オメガはミス・ネーニーを演じるナオミ・ハリスと新たにパーナーシップを結びました。オメガの顔としてナオミは、「『007 スペクター』の公開に合わせ、キャペーンに参加できることを光栄に思います。精巧で美しいオメガのタイムピースを身に着けることを今から楽しみにしています」語ってくれました。

007とオメガの歴史

オメガとの絆

1995年に公開された『GoldenEye』来、オメガは「007」シリーズとパーナーシップを結び、これまで8作品に協力してきました。世界で最も愛されるスパイと彼の愛用するタイムピースとの揺るぎない絆をご覧ください。

続きを読む