シ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300M コレクシ⁠ョン

1993年の発売以来、伝説的な支持を誇る「シーマスター ダイバー300M」。発売から25周年を迎えたコレクションが、フルモデルチェンジを果たします。オリジナルのデザインとオーシャンスピリットはそのままに、最新の素材と技術を取り入れたアップデートが施されました。

デ⁠ィ⁠テ⁠ールの追求

42㎜モデルとなり、ホワイトエナメル製またはセラゴールド™技術を採用したダイビングスケールを備える新しいセラミック製ベゼルを含め、あらゆるデザインが再考されています。これらの時計には、最高水準の精度、性能、耐磁性を備えたマスター クロノメーター キャリバー8800もしくは8801が搭載されています。

“⁠ベゼルに施されたホ⁠ワイトエナメルにより⁠、白さが長く持続すると同時に耐久性が増します⁠。⁠”

フ⁠ェイスの変更

滑らかなダイアルはセラミックを採用しており、ブラック、ホワイト、ブルー、PVDコーティングを施したカラーからお選びいただけます。人気の高い波模様にはレーザー加工を採用、浮彫を施したインデックスはスーパールミノヴァを塗布しています。スケルトンの針もわずかに形が変更されています。

新しいヘリウムエスケープバルブ

ダイビングベル(潜水鐘)で操作される「シーマスター ダイバー300M」にとって、ヘリウムエスケープバルブは常に重要なディテールのひとつです。操作性を高めるために、新モデルのバルブは円錐形になっています。オメガはこの独創的な技術で特許を取得しました。水中でバルブが開いてしまったとしても、ウォッチは水深50mまで防水性を保つことができるのです。

“⁠対称的なデザインになるよう⁠、日付表示は6時位置に移動しています⁠。⁠”

裏側の眺め

ケースバックにはウェーブパターンが施され、サファイアガラス越しにスイス連邦計量・認定局(METAS)認定のマスター クロノメーター キャリバーを見ることができます。

フル コレクシ⁠ョン

全17種となる新しい「ダイバー 300M」モデルは、そのうち8つがステンレススティール モデル、8つがステンレススティール&ゴールド モデル、1つがセドナ™ゴールド モデルとなります。いずれのモデルも、クラシックなメタルブレスレットもしくはブラックかブルーの一体型ラバーストラップを採用しています。このメタルブレスレットの特徴は、最新の人間工学に基づいたデザインとなっており、ケースとぴったり一体化していることです。さらにオメガが特許を取得した、ダイビングの際にサイズ調整しやすい折りたたみ式ラック&プッシャークラスプも採用しています。

セラミック&チタン

オメガのシーマスター ダイバー300M コレクションに、43.5mmのセラミックとグレード5チタン製のモデルが登場します。マスター クロノメーター キャリバー8806を搭載し、ブラックセラミック製ベゼルとレーザーエングレービングによる刻印を施したダイアルが特徴的です。ブラックの一体型ラバーストラップもしくはストライプのNATOストラップがございます。
詳細を見る

チタン タンタリウム リミテ⁠ッドエデ⁠ィ⁠シ⁠ョン

世界限定2⁠,500本のこのモデルは⁠、1993年のオリジナルモデルのデザインを踏襲し⁠、ベゼルおよびブレスレ⁠ットにタンタリウムを使用しています⁠。金属のブル⁠ーグレ⁠ーの色調は⁠、他の箇所に使われているグレ⁠ード2チタンおよび18Kセドナ™ ゴ⁠ールドとの絶妙なコントラストを織りなしています⁠
詳細を見る