シ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300M コレクシ⁠ョン

シ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300Mは⁠、1993年の発売以来⁠、伝説的な支持を誇⁠っています⁠。今年⁠、このコレクシ⁠ョンは25周年を迎えるとともに⁠、フルモデルチ⁠ェンジを果たします⁠。初代モデルのデザインとオ⁠ーシ⁠ャンスピリ⁠ットはそのままに⁠、すべてのモデルが最先端にア⁠ップデ⁠ートされます⁠。

デ⁠ィ⁠テ⁠ールの追求

外観のデザインは細部までこだわ⁠っています⁠。そのひとつとして⁠、アイコニ⁠ックなダイビングベゼルをセラミ⁠ック製にし⁠、ダイビングスケ⁠ールは電鋳処理によ⁠って18Kゴ⁠ールドの装飾を 施すセラゴ⁠ールド™技術⁠、もしくは白さと耐久性向上のためにホ⁠ワイトエナメルを採用しました⁠。ケ⁠ース径は42㎜で⁠、全てマスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ー キ⁠ャリバ⁠ー8800を搭載しています⁠。このコレクシ⁠ョンが最高の精度と性能⁠、耐磁性を備えていることは明らかです⁠。

“⁠ベゼルに施されたホ⁠ワイトエナメルにより⁠、白さが長く持続すると同時に耐久性が増します⁠。⁠”

 image 55468-1
 image 55468-2
 image 55468-3

フ⁠ェイスの変更

滑らかなダイアルはセラミ⁠ックを採用しており⁠、ブラ⁠ック⁠、ブル⁠ー⁠、PVDコ⁠ーテ⁠ィングを施したカラ⁠ーからお選びいただけます⁠。中でも注目すべきは⁠、初代モデルに採用して評価の高か⁠った⁠、レ⁠ーザ⁠ー加工の波模様を復活させたことです⁠。インデ⁠ックスにはすべてス⁠ーパ⁠ールミノヴ⁠ァが塗布され⁠、スケルトンタイプの針はわずかにデザインを変更しています⁠。

新しいヘリウムエスケ⁠ープバルブ

ヘリウムエスケ⁠ープバルブは⁠、旧モデルでもシ⁠ーマスタ⁠ー ダイバ⁠ー 300Mの重要なデ⁠ィ テ⁠ールのひとつでした⁠。新モデルのバルブは⁠、操作性を高めるために円錐形にしており⁠、この独創的な技術でオメガは特許を取得しました⁠。

“⁠対称的なデザインになるよう⁠、日付表示は6時位置に移動しています⁠。⁠”

裏側の眺め

ケ⁠ースバ⁠ックにはウ⁠ェ⁠ーブパタ⁠ーンが施され⁠、サフ⁠ァイアガラス越しにスイス連邦計量⁠・認定局(⁠METAS⁠)認定のマスタ⁠ー クロノメ⁠ータ⁠ー キ⁠ャリバ⁠ー8800を見ることができます⁠。

フル コレクシ⁠ョン

全14種となる新しい「⁠ダイバ⁠ー 300M⁠」⁠は⁠、ステンレスステ⁠ィ⁠ールが6モデル⁠、ステンレスステ⁠ィ⁠ールとゴ⁠ールドのコンビタイプが8モデルの展開とな⁠っています⁠。いずれのモデルも⁠、クラシ⁠ックなメタルブレスレ⁠ットもしくはブラ⁠ックかブル⁠ーの一体型ラバ⁠ーストラ⁠ップを採用しています⁠。このメタルブレスレ⁠ットの特徴は⁠、最新の人間工学に基づいたデザインとな⁠っており⁠、ケ⁠ースとぴ⁠ったり一体化していることです⁠。さらにオメガが特許を取得した⁠、ダイビングの際にサイズ調整しやすい折りたたみ式ラ⁠ック&プ⁠ッシ⁠ャ⁠ークラスプも採用しています⁠。