Skip to content
OMEGA constellation deville seamaster speedmaster スペシャル

オメガの誇り⁠、オリンピ⁠ック計時の歴史

オメガは1932年以来⁠、30回ものオリンピ⁠ックでオフ⁠ィシ⁠ャルタイムキ⁠ーパ⁠ーを務めています⁠。同様に⁠、パラリンピ⁠ックや2018年のブエノスアイレス大会を含むユ⁠ースオリンピ⁠ックにおいても⁠、素晴らしいパフ⁠ォ⁠ーマンスの数⁠々を記録することを誇りに思います⁠。スタ⁠ートからスコアボ⁠ードまで⁠、すべての競技において⁠、オメガは自身の責務としてあらゆるスリリングな瞬間と結果を正確に捉えてきました⁠。それは我⁠々の挑戦であり⁠、誇り高い名誉でもあります⁠。

TIMEKEEPING TECHNOLOGY’S RELENTLESS EVOLUTION

1932年、30個のスプリットセコンドクロノグラフを携えたひとりのスイス時計製造技術者が、ロサンゼルスに到着しました。現在では、計時の専門チームが最大450トンにものぼる装置を駆使していますが、その目的は変わりません。世界最高の競技会で、完璧な計時を行うことです。

オリンピ⁠ックの伝説のはじまり

スポーツ・テクニカルディレクター、ウィリアム・ヘンリー氏は次のように記しています。「オリンピックの素晴らしい成功は、この大規模な国際大会でオメガが果たした役割なくしては成し遂げられなかったでしょう。」これがパートナーシップの始まりでした。

オリンピックの計時

オリンピックの計時

9つの歴史的瞬間

すべてのオリンピック大会に、歴史に残る瞬間があります。そのなかでも特に際立った瞬間をご紹介します。

OUR HISTORIC OLYMPIC GAMES ADS

オメガによる最先端の計時

最先端機器とスポーツに特化したイノベーションの最前線を行く、オメガの計時システム。ここでは、オリンピック&パラリンピックで目にする機会の多いテクノロジーをいくつかご紹介します。

電子スターティング ピストル

従来のピストルには、音の伝達速度が光よりも遅いという欠点がありました。つまり、ピストルから最も遠いレーンにいる選手は、[READ_MORE] ほかの選手よりも遅れて音を聞くことになります。最初に音を聞くのは、ピストルに最も近い選手です。その解決策として、オメガは現在、電子ピストルを採用しています。これは、各走者の後方に設置されたスピーカーに接続されています。引き金が引かれると、音が「再生」され、閃光が走り、スタート信号が計時装置を作動させます。このシステムは、すべてのアスリートが平等なスタートを切ることができる最もフェアな方法です。

スターティング ピストル
Starting Pistol video
スターティング ピストル

陸上競技用スターティング ブロック

陸上競技のスターティングブロックは、スピーカーを組み込んでいるだけでなく、センサーを内蔵し性能が強化されています。このセンサーは、[READ_MORE]アスリートがフットレストにかける荷重を1秒間に4,000回測定します。この検知システムが、計測された荷重を瞬時に会場のコンピュータに送信するため、スターターはどんなフライングも目視で確認できます。陸上競技の国際競技連盟、ワールドアスレティックス(世界陸連)のルールでは、最短の反応時間を100ミリ秒(10分の1秒)と定めています。この制限時間未満での反応はすべて早すぎると判断され、選手はフライングをしたとみなされます。

スターティング ブロック
Starting Blocks video
スターティング ブロック

スキャン オー ビジョン ミリア

「スキャン オー ビジョン ミリア」は、オメガ史上最も先進的なフォトフィニッシュ カメラです。この装置は、短距離走、ハードル、その他のレースのゴールラインに設置され、[READ_MORE] 1秒間に最大1万ものデジタル画像を記録できます。この装置が作成する合成写真を見て、審判はその種目における公式順位とタイムを決定します。フォトフィニッシュ カメラが撮影した画像は、今やオリンピックでの有名な見どころのひとつとなっています。これを見ると、レースがいかに接戦となりうるかがはっきりとわかります。

スキャン オー ビジョン ミリア
Scan’O’Vision MYRIA video
スキャン オー ビジョン ミリア

フォトセル技術

かつてレースのゴールラインに張られていた、昔ながらのテープを覚えていますか?1948年からこのテープの代わりに、光線を放射するフォトセル技術が採用されています。 [READ_MORE] 先頭の選手がこの光線を通過すると、その優勝タイムが瞬時に記録されます。現在は、4つのフォトセルがひとつのユニットに組み込まれた装置をゴールラインに設置し、より多くの身体パターンが検知できるようになっています。この技術により、オメガはゴールタイムを即座に知ることができるのです。ただし公式タイムとしては、常にフォトフィニッシュ カメラによる記録が採用されます。

フォトセル
Photocell video
フォトセル

スイミング ライト ショー

「スイミング ライト ショー」と呼ばれる革新的なライトシステムでは、プールの端のスタート台にライトが設置されています。レースが終わると、[READ_MORE]ひとつのライトで1位の選手、2つのライトで2位の選手、3つのライトで3位の選手を示します。選手と観客のどちらにも、レースの結果が一目でわかる理想的な方法です。

ライト ショー
Light Show video
ライト ショー

競泳用タッチパッド

競泳レースの最後に、選手が1.5~2.5kgの圧力をかけて自らタイマーを止めることができるよう、プールの両端にタッチパッドが設置されます。このタッチパッドにより、[READ_MORE]競泳は出場選手が自分で自分のタイム計測を停止できる唯一のスポーツとなりました。タッチパッドは、判定が難しいこのスポーツで最も正確にタイムを計測できる方法です。1968年、オリンピックにこの技術を初めて導入したのがオメガでした。

競泳用タッチパッド
Swimming Touchpads video
競泳用タッチパッド

クァンタム タイマー

機械式のストップウォッチは、すでに過去のものとなっています。現在、オメガは分解能(計測できる最小値)を[READ_MORE] 100万分の1秒にまで高めた「クァンタム タイマー」を使い、秒数を計測しています。タイマーに埋め込まれたマイクロクリスタル部品によって駆動するこの装置は、分解能が従来のものよりも100倍向上し、誤差が1,000万秒あたりわずか1秒未満という5倍以上の精度を備えています。

クァンタム タイマー
Quantum Timer video
クァンタム タイマー

高解像度スコアボード

オメガの高解像度スコアボードは、文字とリアルタイムの情報に加え、アニメーション、アスリートの写真、[READ_MORE]視覚画像も表示します。最新技術を活かした効果、勝者の名前、結果、出身国の国旗を鮮やかに表示できるため、レースがよりドラマティックに感じられ、スリルと興奮が一段と高まります。

高解像度スコアボード
Hi-Resolution Scoreboards video
高解像度スコアボード

“オメガは1932年から、スポーツ計時における最も有名な技術の多くを開発し、進化させ、実施してきたのです”

THE OLYMPIC AND PARALYMPIC GAMES
パリ2024のオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガが、スポーツの夏へといざないます。
さらに見る